自社の情報やデータの漏えいに対する危機、85.5%が意識(Imperva Japan)

2014年3月25日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
自社の情報やデータの漏洩に対して、85.5%(89名)が危機意識を持っているの画像
自社の情報やデータの漏洩に対して、85.5%(89名)が危機意識を持っている
社内の情報、データへのアクセス権限の現状について、64.4%(67名)が不安を感じているの画像
社内の情報、データへのアクセス権限の現状について、64.4%(67名)が不安を感じている
株式会社Imperva Japanは3月24日、「データ・セキュリティに関する意識調査」の結果を発表した。本調査は2013年11月、企業の情報やデータに携わる職種の社会人を対象としてWebアンケートにより実施されたもの。有効回答数は104名で、総務、法務・知財関連部署52名、情報システム関連部署52名が含まれている。調査結果によると、自社の情報やデータの漏えいに対して、85.5%(89名)が危機意識を持っており、自社が保有する情報やデータで、最も守りたいものは「お客様情報」が58.7%(61名)を占めた。

自社や世間で起こっているサイバー攻撃に対する印象は、「手法やターゲットが変化してきている」が75%(78名)となり、「特にこれまでと変わらない」が25%(26名)となっている。情報やデータ漏えいの対策として導入している、もしくは導入している可能性が高いソリューションは、ファイアウォールが66.3%(69名)で1位、不正プログラム(ウイルス)対策が61.5%(64名)で2位となった。ユーザ(社員、関係会社、協力会社含む)のデータへのアクセス権限の付与状況では、26.9%が「把握していない」と答えた。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Webアプリケーションへの攻撃はより厳しく--Impervaがレポート(Imperva Japan)

Imperva Japanは、Webアプリケーションに対する攻撃動向をまとめたレポート「Imperva Web Application Attack Report:WAAR)」を発表した。

icon
第1四半期のSQL攻撃は6倍に増加--Webアプリに対する攻撃レポート(Imperva Japan)

Imperva Japanは、「Hacker Intelligence Initiative Report~Get What You Give: The Value of Shared Threat Intelligence~」を発表した。

icon

ネットワークバリューコンポネンツは、「FireEye&Impervaセキュリティセミナー:外部攻撃と内部漏えいの脅威から情報資産を徹底的に防御」を2月26日に開催する。

icon

マクニカネットワークス株式会社は6月6日、米Imperva社製のWebアプリケーションセキュリティ、DBセキュリティ、Fileセキュリティ「SecureSphere」の販売を開始すると発表した。SecureSphereは、データセキュリテ...

icon

 株式会社Imperva Japanは11月19日、急増するSQLインジェクション等のWebアプリケーションの脆弱性を保護するソリューション展開に向け、ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)と協業を開始したと発表した...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト