2016.09.25(日)

「クラウド時代のセキュリティ“セキュア・クラウド”セミナー」レポート(アズジェント)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

株式会社アズジェントは3月19日、セミナー「クラウド時代のセキュリティ “セキュア・クラウド”セミナー」を開催した。基調講演には、衆議院議員で自由民主党のIT戦略特命委員長である平井たくや氏による「わが国のサイバーセキュリティ」が行われた。平井氏は「サイバーセキュリティは国会議員に不評で、その理由は『票にならない』『お金にならない』『横文字が多い』である」と会場の笑いを誘い、まずは現在が「インターネット前提社会」であり、デジタル化とグローバル化が加速度的に変化していると述べた。また、サイバー攻撃にまったく関係のない産業はなく、自社が直面する脅威であることを認識すべきであるとした。さらには、2001年に施行されたIT基本法にはITセキュリティが盛り込まれておらず、法整備を進めていることや、セキュリティ人材育成、次回の選挙はインターネット投票に対応したいことなどを述べた。

また、アズジェントのセキュリティ・プラスラボ所長である駒瀬彰彦氏は、セッション「アズジェントが考える“セキュア・クラウド”」を行い、企業のクラウド利用には事業リスクとITリスクを考え、克服する必要があるとした。また、情報セキュリティを取り巻く環境の変化として「攻撃手法の変化」「システム環境の変化」「攻撃者・防御側の変化」「脅威を受けたときのインパクト」を挙げ、これを考慮した上でセキュアクラウドを構築する必要があるとし、セキュリティガバナンス体制の構築をはじめとするクラウド利用者がやるべきことを詳しく紹介した。さらに、こうした状況を踏まえたアズジェントのミッションとして、コンサルティング、監視・監査、サービス(MSS、フォレンジック、インシデント対応、教育)を挙げた。

セミナーではこのほか、トレンドマイクロ株式会社のセキュリティエバンジェリストである染谷征良氏による「クラウド時代のセキュリティ」、アマゾン データ サービス ジャパン株式会社のソリューションアーキテクチャ本部、セキュリティ ソリューション アーキテクトである梅谷晃宏氏による「クラウドサービスにおけるセキュリティ考察」、株式会社ラックの取締役 CTO サイバー・グリッド・ジャパンGMである西本逸郎氏による「セキュリティサービスの市場概要」が行われた。なお、本セミナーは300名の定員を大きく超えた応募があったという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 企業内 CSIRT 構築の勘所、内製? or 外製?…RECRUIT-CSIRTの場合

    企業内 CSIRT 構築の勘所、内製? or 外製?…RECRUIT-CSIRTの場合

  2. 「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と「SECCON CTF for GIRLS」がコラボ(SECCON2016、JNSA)

    「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と「SECCON CTF for GIRLS」がコラボ(SECCON2016、JNSA)

  3. 標的型やランサムウェアへの対抗策を最新事例で解説、「Email Security Conference 2016」を開催(ナノオプト・メディア)

    標的型やランサムウェアへの対抗策を最新事例で解説、「Email Security Conference 2016」を開催(ナノオプト・メディア)

  4. PCログオンと複合機の認証を統合、高セキュリティと利便性の両立も可能に(富士通、富士通フロンテック)

  5. 自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

  6. Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

  7. [インタビュー] 鵜飼裕司 今年の Black Hat USA 2016 注目 Briefings

  8. Black Hat USA 2016 , DEFCON 24 を 128 倍楽しむ方法

  9. [レポート] セキュリティに賭するもの ~ インターポール 福森大喜氏 セキュリティ・キャンプ2016 特別講義

  10. 「e-ネットキャラバン」にフィルタリングを中心とした上位講座を新設(総務省)

  11. サイバー攻撃対策に特化した特別併催企画「サイバーセキュリティワールド2016」を新設(東京ビッグサイト)

  12. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  13. デロイト流「なんちゃってCSIRT」再生3つのアプローチ

  14. [RSA Conference 2016 USA] EDR (Endpoint Detection and Response)とは? ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く

  15. [Black Hat USA 2014 レポート] 標的型攻撃実証ツールをBlack Hat USA 2014で公開、マクニカネットワークス セキュリティ研究センター 凌研究員

  16. 「CODE BLUE 2016」の全講演が決定、全自動サイバー攻防戦CGC優勝者も登壇(CODE BLUE事務局)

  17. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  18. 「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」募集開始、世情を反映し内容も更新(IPA)

  19. Internet Week 2015 セキュリティセッション紹介 第11回「サイバー犯罪対策と国際連携」について インターネットセキュリティ専門家の佐藤友治氏が語る

  20. [レポート] サイバー犯罪対策国際カンファレンス APWG CeCOS VII in ブエノスアイレス Part 2

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×