2016.06.01(水)

Android向け不正アプリの検知数は1日平均約30万件に(Dr.WEB)

脅威 脅威動向

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は2月24日、2014年1月のモバイル脅威について発表した。1月1日から30日までに「Dr.Web for Android」によって検出された望まないプログラムや悪意のあるプログラムは1106万3,873件で、1日平均では約30万件となった。検出数が最も多かったのは1月11日に記録された58万9,172件で、最も少なかった1月1日でも29万3,078件を検出した。

最も多く検出された望まないアプリケーションは「Adware.Revmob.1.origin(126万374件)」で、以下「Adware.Airpush.7.origin(101万6,462件)」「Adware.Airpush.21.origin(68万3,738件)」と続いた。最も多く検出された悪意のあるプログラムは、高額な番号に有料SMSを送信する「Android.SmsSend.749.origin」であり、このファミリは1月のトップ10のほとんどを占めている。

2014年1月には、初のAndroidブートキット「Android.Oldboot.1」が出現した。このトロイの木馬は感染したデバイスのメモリ内に潜み、Android起動の早い段階で自身を起動させてブートキットとして動作する。これによりトロイの木馬の完全な削除を困難にしている。2014年1月30日には、Android.Oldboot.1に感染したモバイルデバイスは85万台を超え、Dr.Webがこの脅威に関する報告を初めて行った1月24日から240%増加している。このマルウェアは、ヨーロッパ、東南アジア、アメリカで検出されているが、そのほとんどが中国での検出となっている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脅威 アクセスランキング

  1. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

    バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  2. 「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

    「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

  3. C&Cサーバとの通信にTorを利用する「Mevade」の活動を検知(日本IBM)

    C&Cサーバとの通信にTorを利用する「Mevade」の活動を検知(日本IBM)

  4. 「Apache Cordova」で開発されたiOSアプリに複数の脆弱性(JVN)

  5. 複数のサイボウズ製品にCSRFの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  6. セキュリティホール情報<2003/05/12>

  7. セキュリティホール情報<2008/03/03>

  8. 三井住友銀行を騙る「変な日本語」のフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会)

  9. AndroidスマートフォンからDDoS攻撃、新種トロイの木馬を検出(Dr.WEB)

  10. 米国の商事改善協会を騙るメール攻撃を確認--インテリジェンスレポート(シマンテック)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×