CODE BLUE 開会挨拶とジェフ・モス氏基調講演

2014年2月17日(月) 14時51分
このエントリーをはてなブックマークに追加
基調講演に招かれた Black Hat & DefCon 創立者、ICANN最高セキュリティ責任者、米国国土安全保障アドバイザリーボードのジェフ・モス氏の画像
基調講演に招かれた Black Hat & DefCon 創立者、ICANN最高セキュリティ責任者、米国国土安全保障アドバイザリーボードのジェフ・モス氏
CODE BLUE 実行委員会 委員長 東京電機大学 情報セキュリティ研究室 教授 佐々木 良一氏の画像
CODE BLUE 実行委員会 委員長 東京電機大学 情報セキュリティ研究室 教授 佐々木 良一氏
CODE BLUE 事務局 篠田佳奈氏の画像
CODE BLUE 事務局 篠田佳奈氏
1969年当時のきわめてシンプルなARPANETの画像
1969年当時のきわめてシンプルなARPANET
1975年のARPANET、複雑さが増しているが全容を把握することは可能だったというの画像
1975年のARPANET、複雑さが増しているが全容を把握することは可能だったという
1977年のARPANET、複雑さは増す一方の画像
1977年のARPANET、複雑さは増す一方
セキュリティの4つの主要プレーヤー、ハッカーと研究者は知識を求めるの画像
セキュリティの4つの主要プレーヤー、ハッカーと研究者は知識を求める
脆弱性発見や議論の拡大など、ハッカーと研究者の役割の画像
脆弱性発見や議論の拡大など、ハッカーと研究者の役割
ジェフ・モス氏講演のスライドの一枚、自動車のナンバーを録画するビデオ監視システムにSQL攻撃をしかける方法の画像
ジェフ・モス氏講演のスライドの一枚、自動車のナンバーを録画するビデオ監視システムにSQL攻撃をしかける方法
医療と公衆衛生のアナロジーを用いて、一企業や組織にとどまらない社会全体での安全性向上を目指す「集団免疫理論(Community Immunity)」の画像
医療と公衆衛生のアナロジーを用いて、一企業や組織にとどまらない社会全体での安全性向上を目指す「集団免疫理論(Community Immunity)」
国際サイバーセキュリティカンファレンス CODE BLUE の開会式とジェフ・モス氏による基調講演が2月17日午前10時、東京 お茶の水のソラシティホールで開催された。

CODE BLUE 事務局であり、発起人でもある篠田佳奈氏は開会の挨拶として、米国、韓国、台湾、香港、ヨーロッパ他各国から集まった講演者と来場者、そして多数のスポンサー企業、また、運営にさまざまな形で力を貸してくれた全ての人に対し、短く簡潔な感謝の言葉を述べた。なお、国際セキュリティカンファレンスが、女性が発起人となって開催されたのは世界でも例がない。

続いて登壇した CODE BLUE 実行委員会 委員長である、東京電機大学 情報セキュリティ研究室 教授 佐々木 良一氏は、自身が情報セキュリティの研究をはじめた当時、国内にほとんど同カテゴリの研究者がいなかったことをふりかえり、会場に集まった来場者に対し、感慨深く目をやった。佐々木氏は、従来の攻撃が風邪だとすると昨今の攻撃は新型インフルエンザであると述べ、国際レベルの人材の育成のためには世界トップレベルの研究者との交流が不可欠であると同時に、現在民間主導となっているセキュリティ研究だが、IWSEC(International Workshop on Security)のような学術分野との交流が今後重要となってくると語った。

基調講演として招かれたジェフ・モス氏は講演の前半で、サイバーセキュリティの主要プレーヤーとして、「民族国家」「犯罪組織」「社会活動家」「ハッカーと研究者」の4つを挙げ、それぞれのプレイヤーの主要な欲求を列挙した。

国家は国民に対してすべてを秘密にしたがっており、犯罪組織は不正に得る金銭のみに関心がある、ハクティビストは注目を集めたがるだけである。唯一、今日この会場に集まった情報セキュリティの研究者やハッカーだけが、ソフトウェアやシステムの脆弱性を発見して、それをわざわざ社会のために報告したりすることで、さまざまな問題を拡散共有し、社会的議論を行う助けとなっており、いわば人間の体内における白血球のような役割を果たしていると述べた。

モス氏の講演では、医療と公衆衛生のアナロジーを用いて、一企業や組織にとどまらない社会全体での安全性向上を目指す「集団免疫理論(Community Immunity)」が解説された。

CODE BLUE は2月17日、18日両日開催され、当日入場も可能。
《高橋 潤哉》

注目ニュース

icon
CODE BLUE 開催の本当の目的( CODE BLUE 事務局)

2014年2月17日および18日に東京で開催される国際サイバーセキュリティカンファレンス「CODE BLUE」事務局の篠田佳奈氏に、CFPの論文審査状況などについて話を聞いた。

icon

IDAという脆弱性を探す側のソフトウェアに存在している脆弱性の調査結果をまとめたものを発表します。IDAについてはバグバウンティプログラムをきっかけに脆弱性が調査される対象となりました。

icon

今回の講演では、日々の業務を通じて得られた不正送金に関連したマルウェアに関する様々な知見の内、日本での感染被害が特に大きい「Citadel」に焦点をあて、その詳細な分析結果を紹介します。

icon
CODE BLUE 開催直前インタビュー「OSやアプリを問わず装着するだけで重要データを防御するセキュリティバリアデバイス」産業技術総合研究所 戸田賢二氏

独立行政法人 産業技術総合研究所 戸田賢二氏「動作方式のご説明を通して、何がどこまでできるのかを正確にお伝えしたいと思います。課題を克服していく研究開発のおもしろさも同時にお伝えできればと思います。」

icon
CODE BLUE タイムスケジュールが決定、事前登録期間も延長(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、2014年2月17日および18日に東京・ソラシティカンファレンスセンターにおいて開催されるカンファレンス「CODE BLUE」について、タイムテーブルを公開した。

icon

技術の高さやテーマの新規性、社会的影響度など複数の観点から採点し、それらをもとに総合的に判断しています。いずれの応募も非常にレベルが高く、その中から三分の二を切り捨てなければいけないというのは嬉し...

icon
CODE BLUE 全14名の講演者が決定(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、2014年2月17日および18日に東京・ソラシティカンファレンスセンターにおいて開催されるカンファレンス「CODE BLUE」について、全講演者が決定したと発表した。

icon
CODE BLUE の詳細を発表、CFP論文も募集(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、2014年2月17日および18日に東京・ソラシティカンファレンスセンターにおいて開催されるカンファレンス「CODE BLUE」について記者発表を行った。

icon
日本発のプロ向け国際セキュリティカンファレンス、2014年2月に開催(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、カンファレンス「CODE BLUE」を2014年2月17日および18日に東京・ソラシティカンファレンスセンターにおいて開催する。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト