「銀魂」を「Share」で公開していた男性を送致(ACCS)

2014年2月13日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ACCSによる発表の画像
ACCSによる発表
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は2月12日、広島県警サイバー犯罪対策課と佐伯署が2月10日、ファイル共有ソフト「Share」を通じて、漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、広島市東区の無職男性(36歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕し、2月12日に広島地検へ送致したことを著作権侵害事件として発表した。男性は「間違いありません」などと犯行を認めているという。

男性は2013年12月18日、株式会社集英社が発行する漫画作品「銀魂第1巻」から「銀魂第10巻」までを「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権を侵害した疑いが持たれている。本件は、広島県警の捜査員がサイバーパトロールで発見し、ACCSを通じて著作権者に連絡したことが端緒だという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
ポータブルナビ用ソフトの海賊版をオークションで販売した男性を送致(ACCS)

ACCSによると、埼玉県警生活安全企画課生活安全特別捜査隊と西入間署は、著作権者に無断でポータブルナビゲーション用ソフトの海賊版を販売していた埼玉県鶴ヶ島市の無職男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon
「バイオハザード」の動画を「FC2動画」で公開していた男性を送致(ACCS)

ACCSによると、群馬県警生活安全企画課と富岡署は、海外の動画配信サイトのサーバを通じて映像作品を無断配信していた三重県名張市の無職男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon
PSP用「真・三國無双」をShareで公開した男性を送致(ACCS)

ACCSによると、神奈川県警サイバー犯罪対策課と南署は、ファイル共有ソフト「Share」を通じてPSP用ゲームソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた会社員男性を著作権法違反の疑いで横浜地...

icon
著作権に関する情報に接触する機会を増やすため若年層向けのスマホサイトを開設、4コママンガの掲載も(ACCS)

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は12月10日、スマートフォンでの表示に適応したWebサイト(スマホサイト)を開設し、中学生から大学生を主なターゲットとしたコンテンツの配信を開始した。

icon
携帯サイトで「スピードラーニング」海賊版を販売した女性を送致(ACCS)

ACCSによると、山形県警生活環境課と庄内署は、携帯電話のショッピングサイトを通じて、権利者に無断で複製された外国語会話教材を販売していた岩手県岩手郡の無職女性を、著作権法違反の疑いで逮捕した

RSS

特集・連載

ピックアップフォト