2016.06.01(水)

暗号化したままでデータ分析を行う、ビッグデータ向け秘匿分析技術を開発(日立)

経済社会 新製品・新サービス

株式会社日立製作所(日立)は1月21日、暗号化されたデータを復号化することなく、頻度集計、相関ルール分析が可能な秘匿分析技術を開発したと発表した。これは、高速検索可能暗号方式を応用することで、10万件規模の暗号化されたデータに対して約10分で相関ルールの分析を可能にするとともに、暗号化されたまま分析処理を実行するというもの。これにより、分析受託者による盗み見や持ち出しなどの情報漏えいリスクの低減を実現する。

同社が開発した秘匿分析技術は、複数の分析キーワードが暗号化データベース中に出現する頻度を求め、それらを比較して相関ルールを調べるもので、同社が2012年3月に開発した検索キーワードとデータベースを暗号化したまま検索できる高速検索可能暗号方式を応用している。また、高速検索可能暗号方式は共通鍵暗号をベースに設計されており、公開鍵暗号をベースとする検索可能暗号方式に比べ約1,000倍の速度で分析処理を行う。同社は今後、より安全なビッグデータ分析の実現に向け、2014年度中に医療分野での実証試験を行い、2015年度中の実用化を目指すとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

    キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

  3. マイクロソフト社製品向けメール情報漏えい対策ツールを無償提供(SBT)

    マイクロソフト社製品向けメール情報漏えい対策ツールを無償提供(SBT)

  4. 2010年度インターネット脅威年間レポート 他(ダイジェストニュース)

  5. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

  6. ファイア・アイの標的型攻撃対策製品が新旧「一太郎」に対応(ファイア・アイ、ジャストシステム)

  7. データセンターのセキュリティレベルを向上、映像監視システムを用いたソリューションを発売(ヴイ・インターネットオペレーションズ)

  8. 米Symantecが統合ソリューションのロードマップを発表(シマンテック)

  9. EC向けの新決済サービス「BuySmart」の提供を開始(サイバーキャッシュ)

  10. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×