2016.07.26(火)

ITセキュリティ人材育成に活動支援、20歳未満の若者を対象(ラック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ラックは12月21日、「U-20 ITスーパーエンジニア・サポートプログラム “す・ご・う・で“」を開始すると発表した。情報セキュリティ月間である2014年2月より公募を開始する。本プログラムは、類まれなIT技術を持った20歳未満の若者を対象に、年間100万円相当の活動を支援するという取り組み。その背景には、難易度の増すセキュリティ対策において、同社がさまざまな提案活動を行ってもそれを理解して自社内でセキュリティ対策を推進できる技術者が不在なケースも多いという現状がある。また今後、企業の主体的なセキュリティ対策において、技術者不足が深刻化することも予想される。

本プログラムは、同社がこれまで行ってきた若手IT技術者の活動を支援する取り組みを体系化したもの。同社ではこれまでも、情報セキュリティについて本格的に学びたいという意欲を持った若者の支援を目的に、「セキュリティ・キャンプ」や「CTF」などの情報セキュリティ人材の発掘・育成を行う取り組みや競技大会などに支援を行ってきた。これら活動を通じ日本にも突出したIT技術を持つ若者がいることを知り、その才能を開花させる目的で本プログラムの提供を開始する。

本プログラムの2014年度の公募は、政府が行う情報セキュリティ対策の普及啓発活動「情報セキュリティ月間」である2月より3月末まで実施する。本プログラムの支援対象となる20歳未満の若者は、同社へ応募された個人あるいはグループの中から、同社のサイバー・グリッド研究所が選考を行い決定する。6月上旬に選考発表をするとともに、支援活動を開始する。同社では本取り組みを通じ、未来の情報セキュリティ人財の育成を支援し、日本の企業が不安なくITシステムを活用できる環境の実現を目指すとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  2. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  3. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

    32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  4. アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック)

  5. 人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

  6. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  7. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  8. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  9. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

  10. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×