GoogleアカウントIDを盗み出す日本語アプリに注意(マカフィー)

2013年12月18日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
GoogleアカウントIDを収集する2つのアプリの画像
GoogleアカウントIDを収集する2つのアプリ
GoogleアカウントID、IMEI、IMSIを収集する30種以上のアプリの画像
GoogleアカウントID、IMEI、IMSIを収集する30種以上のアプリ
GET_ACCOUNTS権限の要求の画像
GET_ACCOUNTS権限の要求
マカフィー株式会社は12月17日、GoogleアカウントIDを密かに収集する多数の不審な日本語アプリの存在をGoogle Play上で確認しているとして、ブログで注意喚起を発表した。たとえば、占いアプリ「極占」と出会い系アプリ「bB」は、アプリ起動直後に端末のGoogleアカウントIDを取得し、外部のWebサーバへ密かに送信する。アプリのダウンロード数はそれぞれ10,000~50,000回に上っている。同社のセキュリティアプリ「McAfee Mobile Security」では、これら不審なアプリを「Android/ChatLeaker.D」として検出する。

また、別の30種以上のアプリは、アプリ起動直後に端末のGoogleアカウントID、IMEI、IMSIを取得し、ユーザに知られることなく特定のWebサーバへ送信する。これらのアプリのカテゴリは多岐にわたり、また複数の開発者名でGoogle Play上に公開されているが、データ送信の実装コードや送信先が共通であることから、実際には同じ開発者か関連するグループによるものだと推測している。かなり前から公開されているアプリもあり、ダウンロード数もかなりのものになっている。

Androidアプリは、インストール時に「GET_ACCOUNTS(この端末上のアカウントの検索)権限」の要求が許可されると、AccountManagerクラスのメソッドを使用してGoogleアカウント(およびその他のアカウント)のIDとそれに付随する情報を取得できる。この権限は、アプリがGCM(Google Cloud Messaging)機構を使用する場合などにしばしば要求されるもので、プッシュデータ送信を使用できるようにするためにGoogleによって提供されている標準的な仕組み。アカウントIDからパスワードを取得されることはないが、IDを収集されスパムメールの送信に悪用されたり、同一のIDでログインする他のSNSから個人情報を特定される可能性もある。同社では、「メールアドレスによる検索を許可」オプションの設定を再確認し、本当にそれを望む場合以外はその設定を無効にすることを推奨している。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
マルウェア産業革命時代の個人情報防衛 第2回 McAfee 青木大知 「マカフィーIDとは」(作家一田和樹取材メモ)

一田和樹 「なるほど、インテル社のチップに御社のセキュリティ機能が搭載して、インテルのチップの搭載されているデバイス全てで弊社の認証機能を提供できるようになるわけですね」

icon
署名付きPCマルウェアやAndroidを狙うマルウェアが急増--四半期レポート(マカフィー)

マカフィーは、「2013年第3四半期の脅威レポート」を発表した。レポートによると、同四半期に新たに確認された署名付きのPCマルウェアは150万件を超え、過去最高となった。

icon
年末年始の詐欺に注意喚起、初回のログインはわざと間違えよう(マカフィー)

マカフィーは、米McAfee社による「2013年、12のオンライン詐欺」を発表した。

icon
日本のユーザーを狙った電話番号を密かに盗むAndroidチャットアプリをGoogle Playで発見(マカフィー)

 マカフィーは11月22日、日本のユーザーを狙った、電話番号を密かに盗むAndroidチャットアプリをGoogle Playで発見したことを発表した。2つの不審なチャットアプリが公開されていた模様だ。

icon
「McAfee SIEM」日本語版の最新バージョンを提供開始(マカフィー)

マカフィーは、リアルタイムでのインテリジェントなセキュリティ状況分析とイベント管理で新たな脅威からシステムを守るソリューション「McAfee SIEM」日本語版v9.3.1を11月25日より国内で提供開始する。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト