小学生が初めてインターネットを利用したのは「入学前」が29%(デジタルアーツ)

2013年12月10日(火) 18時20分
このエントリーをはてなブックマークに追加
子供のインターネット利用頻度の画像
子供のインターネット利用頻度
子供が初めてインターネットを利用した学年の画像
子供が初めてインターネットを利用した学年
子供がインターネットを利用する際の不安の画像
子供がインターネットを利用する際の不安
デジタルアーツ株式会社は12月10日、「お子さまのインターネット利用に関するアンケート調査」の結果を発表した。この調査は、エデュケーション事業とメディア事業を手がける株式会社小学館集英社プロダクションの調査機関であるドラゼミ教育研究所と合同で、小学館集英社プロダクションが展開する通信添削教育「ドラゼミ」の小学生会員の保護者を対象に実施したもの。有効回答総数は158名。調査結果によると、インターネットの利用頻度は、「週に数回」が29%で最も多く、「月に数回(27%)」「まったく使わない(20%)」と続いた。

インターネット利用者の中で使用している端末は「自宅のPC(55%)」「親のスマートフォン(21%)」「自宅のタブレット端末(14%)」が上位を占めた。また、子供が初めてインターネットに接続した学年は、「小学校就学前」(29%)が一番高く、利用時は「母親とともに(39%)」に次いで「お子さまが1人で操作(30%)」という結果になった。使用用途は「調べもの(37%)」「ゲーム(28%)」「動画共有サイトの視聴(20%)」が上位を占めた。

子供のインターネット利用については、85%の保護者が不安を感じていた。その内訳は「個人情報流出による被害(27%)」「高額請求による被害(25%)」「出会い系・SNSによる被害(22%)」「ネットいじめによる被害(20%)」の順となった。Webフィルタリングソフトの認知と利用意向については、「知っていたが、これから利用したい(38%)」「知っているし、利用している(24%)」「知らなかったが、これから利用したい(16%)」が上位を占め、子供のインターネット環境を安全に守るための意識の高さがうかがえた。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
メールの誤送信における多層防御を実現するクライアントソフトを刷新(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、メールの誤送信対策ソリューション「m-FILTER MailAdviser」Ver.2の発売を開始した。

icon
十分な規制がないまま活用が広がる「BYOD」、ポイントは情報リテラシー(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、同社が実施した「デバイス多様化による会社員のワークスタイル変化実態調査」の記者発表会を開催した。

icon
未成年のスマホユーザー数上昇する一方、フィルタリング利用率は調査開始以来の低水準(デジタルアーツ)

デジタルアーツ株式会社は、9月10日に「スマホアプリ利用とネット上のコミュニケーション実態調査発表会」を開催した。

icon
未成年の携帯電話使用実態調査、女子高生のリテラシーの低さが顕著に(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、「未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査」の結果を発表した。

icon
フィルタリングサービスを名称変更、BYOD対応の端末管理サービスへ刷新(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、社内外のあらゆる端末をクラウドで一元管理できる「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の提供を開始すると発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト