2016.07.24(日)

CAD関連のファイルを削除する悪質なマルウェアを確認(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は11月26日、コンピュータ支援設計(CAD)ソフトウェアの標準ファイル形式であるDWGファイルなど重要な画像ファイルを削除する「VBS_SOYSOS」を確認したと同社ブログで発表した。ファイルを削除する不正プログラムおよびワームの存在は以前から確認されているが、Visual Basicを元にしたVBScriptで記述された不正プログラムでファイルを削除するものはまれであるとしている。

同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」のフィードバックによると、この不正プログラムは現在メキシコで感染が急増している。11月10日時点で、ひとつの亜種でのべ 3,331の感染が確認された。VBS_SOYSOSは、リムーバブルドライブを経由してPCに感染することが判明している。さらに、難読化されたコードの解析を進めていくと、VBS_SOYSOSは簡単なスクリプトで作成されていることがわかった。実行されると、すべてのリムーバブルドライブ上で確認されたMP3およびJPG、DWGの拡張子を持つファイル名を利用して自身のコピーを作成し、元のファイルを隠すかわりに削除する。なお、感染しているかどうかはレジストリ値で確認できる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

    位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  3. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

    トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  4. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  5. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  6. 「WAONサービスアプリ」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

  7. アップルが「iOS」や「OS X」などのセキュリティアップデートを公開(JVN)

  8. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  9. BIND 9.xにDNSサービスが停止する脆弱性、アップデートを推奨(JPRS)

  10. 「ASN1C」で生成したソースコードにバッファオーバーフローの脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×