2016.07.01(金)

標的型攻撃は手法の改良が顕著、標的はより小規模企業へ--9月度レポート(シマンテック)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社シマンテックは11月14日、「シマンテック インテリジェンス レポート 2013年9月号(日本語版)」を発表した。9月号では、2013年の標的型攻撃を詳しく取り上げている。今年も脅威を取りまく世界に新しい手口が登場しているが、既存の手法を改良したり、水飲み場型攻撃やスピア型フィッシングといった攻撃方法に新しい工夫を加えるなど、標的が罠にかかる確率を高くしようとする動きも目立っている。シマンテックは、攻撃者の活動の実態を確実に把握するために、標的型攻撃について過去3年間の傾向を分析した。1日当たりの攻撃件数は昨年に比べて減少しているが、3年間で見ると攻撃は13%上昇している。

また、標的型攻撃やAPTの背後に存在する集団のなかでも、とくに精鋭と考えられるグループHidden Lynx(謎の山猫)についても、Q&A方式でわかりやすく解説している。標的型攻撃の傾向では、大企業から規模のより小さい企業を狙う動きが今年も続いているように見受けられる。従業員2,500人以上の企業の場合、2012年は50%だったが、今年の現時点までは41%となっており、約9%減少している。これより小規模の企業の大半を占めるのがSMBだが、251~500人の企業は7%の増加、501~1,000人の企業は8%の増加が見られ、これらの範囲に標的が移行していると思われるという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

    複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

  2. Androidデバイスを狙うランサムウェアの攻撃が急増、遭遇者は1年で約4倍(カスペルスキー)

    Androidデバイスを狙うランサムウェアの攻撃が急増、遭遇者は1年で約4倍(カスペルスキー)

  3. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

    CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  4. トップページのEV SSL対応は10社中3社--主要電力会社サイトのSSL対応状況(ビットスター)

  5. 公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

  6. 外部にさらされているインフラは東京が突出~SHODANで見る5都府県(トレンドマイクロ)

  7. システムログ管理の実態を調査、4種類のタイプと実装レベルも解説(IPA)

  8. ドキュメンタリー映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」公開、米政府の大規模監視を告発

  9. デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

  10. CSIRTを設置するも、スキル不足などにより有効性に疑問を持つ日本企業(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×