2016.07.29(金)

「システムの安定した稼動」をテーマとしたレポートを発行(ラック)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社ラックは11月13日、「ラック レポート 2013 AUTUMN」を発行した。本レポートは、昨今の情報セキュリティ事故の頻発による企業のセキュリティ意識の高まりを受けて、同社が把握しているセキュリティ関連の情報と情報システム関連の技術情報などを掲載したもの。レポートは季刊ベースで刊行され、同社Webサイトから無償でダウンロードできる。今号では「システムの安定した稼動」をテーマに、同社各部署の技術者の意見を整理している。

同社の事故対応支援チーム、サイバー救急センターの佐藤氏は、セキュリティに注目が集まるのは、安定稼動を阻害するリスクとしてのウイルスや企業ネットワークへの侵入行為などを未然に防ぐために、セキュリティ対策が必須の手段となったためとする一方で、事故対応でシステムを止めることは「基本中の基本」としている。システムを止めることは業務を止めることになるが、事故に遭ったシステムを動かし続けることによるリスクを認識すべきとしている。また、システムを安定稼動させたいならば、このような状況に陥らない次善策が重要であると述べている。

レポートでは「システムの安定した稼動」について、サイバー救急センター、フォレンジックチームの関氏、セキュリティコンサルティング部門の田中氏、ペンテスト技術部の須田氏、JSOCのアナリストである品川氏と庄子氏、システム第一事業部の竹内氏、システム第三事業部の阿部氏、ビジネスディベロップメント本部の芝井氏が意見を寄せている。このほか5本のコラムが掲載されている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

    「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

  2. 26%が最高デジタルリスク責任者(CDRO)を指名、独立した予算を設けるべき(BTジャパン)

    26%が最高デジタルリスク責任者(CDRO)を指名、独立した予算を設けるべき(BTジャパン)

  3. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  4. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  5. データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

  6. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  7. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  8. BYODユーザの6割以上が会社側にセキュリティ対策を望むも、実施は2.8%(MMD研究所)

  9. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  10. 日本国内の情報セキュリティ市場規模、2014年は8,000億円の大台突破へ(JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×