Android端末を狙うリダイレクトサイト、4万5千以上確認(Dr.WEB)

2013年11月7日(木) 18時39分
このエントリーをはてなブックマークに追加
Dr.Web URLologistのページの画像
Dr.Web URLologistのページ
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は11月7日、モバイルデバイスユーザを悪意のあるサイトへリダレクトするようなWebサイトが急増していることについて注意喚起を発表した。急増しているリダイレクトサイトは、Androidユーザを標的としたもの。サイトが構築されているCMSの脆弱性を悪用してリダイレクトさせ、Android端末を感染させる。こうしたサイトの数は4万5,000を超え、詐欺サイトやフィッシングサイトを含めると、その数は10万、20万にも上るとみられる。なお、PCでアクセスした場合には感染しない。

リダイレクト先で観戦するマルウェアで特に多いのは「Android.SmsSend」の亜種で、このトロイの木馬ファミリーは高額な番号に課金SMSを送信し、ユーザを有料サービスに登録してアカウントから定期的に金銭を引き落とす。さらに、感染したデバイス上の個人情報を犯罪者に送信するアドウェア、バンキングトロイの木馬、スパイウェアなどもまた、そのようなサイトからAndroidデバイスに侵入する。同社では、モバイルデバイスからそのようなサイトへのアクセスを防止するために「Dr.Web URLologist」のページを設置した。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Androidの脆弱性を悪用しアンチウイルススキャンを回避するトロイの木馬(Dr.WEB)

Dr.WEBは、韓国のAndroidユーザから個人情報を盗む新たなトロイの木馬について注意喚起を発表した。

icon
すべての端末を無制限で利用できる新ライセンスプラン(Dr.Web)

Dr.WEBは、クライアント・サーバPC、モバイル端末をそれぞれのライセンス数を気にすることなく、自由に利用できるアンチウイルスソフトウェアの公共団体向け包括ライセンスプランの提供を開始した。

icon
20万台のAndroidデバイスで構成されるボットネットを確認(Dr.Web)

Dr.WEBは、感染したAndroidデバイスで構成される世界最大規模のボットネットを発見したと発表した。

icon
iOS上で動作する危険なスパイウェアアプリを総括(Dr.WEB)

Dr.WEBは、iOS上で動作する危険なスパイウェアアプリケーションについての総括を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト