2016.05.31(火)

入院患者の個人情報などが記載されたUSBメモリを自宅に持ち帰り紛失(新潟県)

事件 インシデント・情報漏えい

新潟県は10月11日、県立六日町病院において個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。これは9月17日、職員が会議録作成のために自宅へ持ち帰ったUSBメモリを紛失したというもの。同職員は引き続き自宅のほか、鞄や車中を捜索したが発見に至らず、上司等には言い出せなかったという。10月10日に看護部長、事務長へ報告があり、病院局へ第一報を行った。

紛失したUSBメモリには、同病院の会議録のほか当該病棟の入院患者の入院後の病状経過や検査・処置の情報といったカンファレンス用ファイルが記録されていた。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

事件 アクセスランキング

  1. リスト型攻撃により5万件以上の「Ameba」アカウントが不正ログイン被害(サイバーエージェント)

    リスト型攻撃により5万件以上の「Ameba」アカウントが不正ログイン被害(サイバーエージェント)

  2. 患者14名の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(愛媛医療センター)

    患者14名の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(愛媛医療センター)

  3. 物流委託先が個人情報の記載されたクレジット売上票などを遺失(ココカラファイン)

    物流委託先が個人情報の記載されたクレジット売上票などを遺失(ココカラファイン)

  4. 「Adobe Acrobat」などの海賊版をショッピングサイトで販売、1億円以上売上(ACCS)

  5. 「期間限定特典付き『進撃の巨人』第10巻」を「Share」で公開し送致(ACCS)

  6. 「魔界村」などを複製した「in1」カートリッジ販売で逮捕(ACCS)

  7. 「Windows7」のリカバリーディスクを無断複製、販売した男性を逮捕(ACCS)

  8. Webサーバーに不正アクセス、リスナーの個人情報約64万件が流出の可能性(J-WAVE)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×