個人情報が記載された書類が運送委託先で紛失(損保ジャパン)

2013年10月11日(金) 17時29分
このエントリーをはてなブックマークに追加
損保ジャパンによる発表の画像
損保ジャパンによる発表
株式会社損害保険ジャパン(損保ジャパン)は10月4日、同社の運送委託先である四国福山通運株式会社(四国福山通運)に引き渡した保険金支払いに関する書類が輸送過程において所在不明となり、個人情報が紛失したと発表した。これが9月11日、損保ジャパン高松火災新種サービスセンター課が、保険金支払いに関する書類を保管倉庫に輸送するため、四国福山通運に引き渡した。その後の輸送過程において書類が所在不明となり、9月19日の四国福山通運からの報告によって、顧客情報の紛失が判明したもの。現在、損保ジャパンおよび四国福山通運は書類の捜索を継続している。

紛失した書類は保険金支払いに関する書類で、2010年3月25日および26日に損保ジャパン高松火災新種サービスセンター課(香川県高松市)において、保険金の支払い手続きが完了した傷害保険や賠償責任保険などの保険事故に関する書類(34件分)。これらの書類には、84名の顧客の個人情報(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、保険事故情報、金融機関口座情報など)が記載されていた。なお、顧客によっては怪我の状況などといったセンシティブ情報を含む場合がある。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
小学校生徒の個人情報が記載された書類の入ったバッグを紛失(東京都練馬区)

東京都練馬区は、区立小学校教員が児童の個人情報を記載した資料の入ったバッグを紛失したと発表した。

icon
「e+」に不正ログイン試行、個人情報流出はなし(エンタテインメントプラス)

エンタテインメントプラスは、「e+(イープラス)」において他社インターネットサービスから流出したと思われるメールアドレスとパスワードを用いた、第三者による同社サービス不正利用の被害が発生したと発表した。

icon
生徒の個人情報が記録されたUSBメモリを教室内で紛失(長野県)

長野県教育委員会は、南信地区の県立高等学校内で生徒の個人情報が入った電子記録媒体を紛失したことが判明したと発表した。

icon
顧客の個人情報を記録した営業用のノートや手帳を紛失(かんぽ生命保険)

かんぽ生命保険は、同社において顧客情報を紛失していることが判明したと発表した。

icon
テレコムスクエアに不正アクセス、最大9万7千名の個人情報が流出(テレコムスクエア)

テレコムスクエアは、同社のサーバへの外部からの不正アクセスによって顧客のカード情報を含む個人情報が流出したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト