2016.06.01(水)

スクウェア・エニックスを騙るフィッシングサイトを確認(フィッシング対策協議会)

脅威 脅威動向

フィッシング対策協議会は10月10日、スクウェア・エニックスを騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。これは「アカウント登録用メール送付のお知らせ」「スクウェア・エニックス アカウント管理システム」「ドラクエ10ーー安全確認」といった件名のメールで、日本語で「お客様のアカウントが異常にログインされた」として、リンクをクリックし画面の案内にしたがってパスワードを再設定するよう促す。確認されているフィッシングサイトのURLは以下の通り。

http://secure.square-enix.com.iacc.●●●●.com/account/app/svc/Login.htm?cont=account
http://secure.square-enix.com.oacc.●●●●.com/account/app/svc/Login.htm?cont=account
http://secure.square-enix.com.pacc.●●●●.com/account/app/svc/Login.htm?cont=account
http://secure.square-enix.com.racc.●●●●.com/account/app/svc/Login.htm?cont=account
http://secure.square-enix.jp.iacc.●●●●.com/account/app/svc/Login.htm?cont=account
http://secure.square-enix.jp.oacc.●●●●.com/account/app/svc/Login.htm?cont=account
http://secure.square-enix.jp.xzl.●●●●.com/account/app/svc/Login.htm?cont=account

10月10日11時の時点でフィッシングサイトは稼働しており、同協議会ではJPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中であるという。また、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるとして注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてログインに必要な情報(ログインIDやパスワード)を入力しないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脅威 アクセスランキング

  1. 細菌の増殖が活発化し食中毒が増える傾向に、細菌を「付けない」ためにハンドソープによる正しい手洗いを

    細菌の増殖が活発化し食中毒が増える傾向に、細菌を「付けない」ためにハンドソープによる正しい手洗いを

  2. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

    「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

  3. Twitter上でマルチプラットフォーム向けのブラウザクラッシャーを確認(トレンドマイクロ)

    Twitter上でマルチプラットフォーム向けのブラウザクラッシャーを確認(トレンドマイクロ)

  4. 「Log-Chat」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN)

  5. C&Cサーバとの通信にTorを利用する「Mevade」の活動を検知(日本IBM)

  6. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  7. 「ISC BIND 9」にDoSの脆弱性、対策版の適用を呼びかけ(JPCERT/CC)

  8. 複数のサイボウズ製品にCSRFの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  9. Wi-Fiルータをハッキングするトロイの木馬を確認(Dr.WEB)

  10. ビル管理システムに対する探索行為を検知、対策を呼びかけ(警察庁)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×