2016.07.26(火)

インシデント報告件数、ついに1万件を突破--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

脆弱性と脅威 脅威動向

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月10日、2013年7月1日から9月30日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。インシデント報告対応レポートによると、同四半期にJPCERT/CCが受け付けたインシデント報告件数は10,095件(前四半期は9,386件)と8%増加した。各報告に含まれるインシデント件数も8,284件(前四半期は9,086件)と前四半期から増加、サイト管理者などに対応を依頼した調整件数は2,414件と、前四半期の2,179件から11%増加した。前年同期との比較では、総報告数で86%増加し、調整件数は115%増加している。

インシデントの内訳は「Webサイト改ざん(2,774件)」が全体の33.5%を占め、「スキャン」が2,659件で32.1%を占めた。「フィッシングサイト(469件)」は5.7%を占めている。フィッシングサイト全体では、金融機関のサイトを装ったものが53.1%、オンラインゲームサービスを装ったものが22.9%を占めている。装われた国内ブランドの中ではオンラインゲームサービスが、また海外ブランドの中では金融機関が、それぞれ最も多数を占めた。活動概要では、「本四半期におけるインシデント報告の件数が1万件を超過」「Androidセキュアコーディングルールを作成中」をトピックに挙げている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  2. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  3. 「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  4. CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

  5. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  6. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  7. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  8. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  9. 「Trend Micro Deep Discovery Inspector」に複数の脆弱性(JVN)

  10. Javaに複数の脆弱性、早急な修正プログラムの適用を呼びかけ(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×