社内Webサーバへのアクセス情報が保存されたノートPCが盗難被害(クリエイティブホープ)

2013年10月8日(火) 18時27分
このエントリーをはてなブックマークに追加
クリエイティブホープによる発表の画像
クリエイティブホープによる発表
株式会社クリエイティブホープは10月1日、同社業務用のノートPC一台がひったくり盗難に遭う事態が発生したと発表した。これは9月30日21時頃、フィリピン共和国・マカティ市内の路上において、出張中の同社社員が鞄をひったくられる被害に遭ったというもの。鞄の中には業務用のノートPCが入っており、現地警察へ盗難届を出すとともに捜索を行っているが、現時点では発見に至っていない。

ひったくりの被害に遭ったPCには、同社がWebサイトの構築テストに用いている社内Webサーバへのアクセス情報が保存されていた。同社では、その他顧客関連情報が当該PCに含まれていないことを確認している。なお、盗難に遭ったノートPCに対しては、ログインパスワードの設定およびデータの暗号化を行っている。また、Webサイトの構築テストに用いている社内Webサーバへのアクセス情報もすでに変更しているため、このPCを入手した者がアクセスすることは事実上困難であるとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
「e+」に不正ログイン試行、個人情報流出はなし(エンタテインメントプラス)

エンタテインメントプラスは、「e+(イープラス)」において他社インターネットサービスから流出したと思われるメールアドレスとパスワードを用いた、第三者による同社サービス不正利用の被害が発生したと発表した。

icon
生徒の個人情報が記録されたUSBメモリを教室内で紛失(長野県)

長野県教育委員会は、南信地区の県立高等学校内で生徒の個人情報が入った電子記録媒体を紛失したことが判明したと発表した。

icon
顧客の個人情報を記録した営業用のノートや手帳を紛失(かんぽ生命保険)

かんぽ生命保険は、同社において顧客情報を紛失していることが判明したと発表した。

icon
テレコムスクエアに不正アクセス、最大9万7千名の個人情報が流出(テレコムスクエア)

テレコムスクエアは、同社のサーバへの外部からの不正アクセスによって顧客のカード情報を含む個人情報が流出したと発表した。

icon
「オピ・リーナ」応募者の個人情報が不正アクセスにより閲覧された可能性(中日新聞社)

中日新聞社電子メディア局は、同社Webサイト「オピ・リーナ」の応募コーナーに対して第三者からの不正アクセスがあり、過去の応募者の個人情報が一部不正に閲覧された可能性があると発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト