生徒の個人情報が記録されたUSBメモリを教室内で紛失(長野県)

2013年10月4日(金) 14時42分
このエントリーをはてなブックマークに追加
長野県教育委員会による発表の画像
長野県教育委員会による発表
長野県教育委員会は9月30日、南信地区の県立高等学校内で生徒の個人情報が入った電子記録媒体を紛失したことが判明したと発表した。これは9月25日、同校の教諭が授業用に持ち込んだUSBメモリをパソコン教室内のPCに差し込んだまま、抜き忘れて教室から離れ、抜き忘れたことに気づいて放課後パソコン教室に戻ったが発見できなかったというもの。

紛失したUSBメモリには、同教諭が担当する教科に関する在校生・卒業生の学習成績(平成23年度から平成25年度:のべ466名分)、同教諭が担当する校務分掌上の業務に関する情報(同窓会関係資料など)、授業教材に関する資料などが記録されていた。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
顧客の個人情報を記録した営業用のノートや手帳を紛失(かんぽ生命保険)

かんぽ生命保険は、同社において顧客情報を紛失していることが判明したと発表した。

icon
テレコムスクエアに不正アクセス、最大9万7千名の個人情報が流出(テレコムスクエア)

テレコムスクエアは、同社のサーバへの外部からの不正アクセスによって顧客のカード情報を含む個人情報が流出したと発表した。

icon
「オピ・リーナ」応募者の個人情報が不正アクセスにより閲覧された可能性(中日新聞社)

中日新聞社電子メディア局は、同社Webサイト「オピ・リーナ」の応募コーナーに対して第三者からの不正アクセスがあり、過去の応募者の個人情報が一部不正に閲覧された可能性があると発表した。

icon
「MC受注センター」のWebサーバに不正アクセス、個人情報流出の可能性(コムテック)

コムテックは、同社が運営する通販受注システム「MC受注センター」のWebサーバに対して外部からの不正アクセスが判明したと発表した。

icon
個人情報を記録したノートPC、鞄とともに置き忘れ紛失(東洋ドライルーブ)

東洋ドライルーブは、同社社員が個人情報を含む業務用ノートPCの遺失事故を起こしたと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト