2016.07.31(日)

Internet Week 2013 事前登録を開始、セキュリティ関連セッションが初めて10件を超える(JPNIC)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は9月24日、同センターが主催する今年16回目となる技術者向けイベント「Internet Week 2013」のプログラムの公開および事前登録を開始した。同イベントは11月26日から29日、東京 秋葉原の富士ソフト アキバプラザにおいて開催される。割引料金が適用される事前登録の締切は11月15日。

今回は「荒ぶるインターネットを乗りこなす~Ride and break the wild Internet~」をテーマに多数のカンファレンスやチュートリアルなどのセッションが行われる。

セキュリティ関連セッションは、InternetWeek開催以来はじめて10件を超え(2012年度のセキュリティセッションは9件、11年度同7件、10年度同6件)、セキュリティ課題への取り組みが強化されていることが特徴のひとつとなっている。主なセキュリティセッションは以下の通り。

・11月26日(火)
「荒ぶるインターネットを乗りこなす! ルーティング&ルーティングセキュリティ」
「CSIRTの実例から学ぶ企業のセキュリティ対策の今」
「DDoS攻撃の実態と対策」
「標的型攻撃の現状と対策 2013」

・11月27日(水)
「IPv6 セキュリティ最前線」
「再考・安全なWebアプリの作り方‐最近の動向をふまえて」

・11月28日(木)
「サイバー犯罪の動向と対策、インターネットのセキュリティと通信の秘密」
「DNS DAY」
「インターネット対応を迫られる法制度~著作権とプライバシー」
「ビックデータ時代のプライバシー保護技術」
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

    新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

  2. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

    サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  3. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

    [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  4. サイバー犯罪は経営に直結するリスク、全社横断で対応…発想の転換

  5. 東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

  6. [DEF CON 23] 正しい標的型攻撃メール訓練の運用法、ソーシャルエンジニアリングの国際的権威クリス・ハドナジーに聞く

  7. 「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」募集開始、世情を反映し内容も更新(IPA)

  8. [フォトレポート] Security Days 2014

  9. 「SECCON 2016」九州大会は、大会初のIoTをテーマとしたCTF(SECCON 2016実行委員会、JNSA)

  10. サインすることで本人認証を手軽に実現、書き順や速度などのタイミングも合わせて照合(ワコムアイティ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×