2016.06.25(土)

Internet Week 2013 事前登録を開始、セキュリティ関連セッションが初めて10件を超える(JPNIC)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は9月24日、同センターが主催する今年16回目となる技術者向けイベント「Internet Week 2013」のプログラムの公開および事前登録を開始した。同イベントは11月26日から29日、東京 秋葉原の富士ソフト アキバプラザにおいて開催される。割引料金が適用される事前登録の締切は11月15日。

今回は「荒ぶるインターネットを乗りこなす~Ride and break the wild Internet~」をテーマに多数のカンファレンスやチュートリアルなどのセッションが行われる。

セキュリティ関連セッションは、InternetWeek開催以来はじめて10件を超え(2012年度のセキュリティセッションは9件、11年度同7件、10年度同6件)、セキュリティ課題への取り組みが強化されていることが特徴のひとつとなっている。主なセキュリティセッションは以下の通り。

・11月26日(火)
「荒ぶるインターネットを乗りこなす! ルーティング&ルーティングセキュリティ」
「CSIRTの実例から学ぶ企業のセキュリティ対策の今」
「DDoS攻撃の実態と対策」
「標的型攻撃の現状と対策 2013」

・11月27日(水)
「IPv6 セキュリティ最前線」
「再考・安全なWebアプリの作り方‐最近の動向をふまえて」

・11月28日(木)
「サイバー犯罪の動向と対策、インターネットのセキュリティと通信の秘密」
「DNS DAY」
「インターネット対応を迫られる法制度~著作権とプライバシー」
「ビックデータ時代のプライバシー保護技術」
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

    サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

  2. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

    ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  3. セキュリティ・キャンプの参加者51名が決定、最年少は15歳(IPA)

    セキュリティ・キャンプの参加者51名が決定、最年少は15歳(IPA)

  4. Security Blue Note 第7回「次回 CODE BLUE で来日する、中国の脆弱性報告エコシステム『WooYun』とは何か」

  5. [Security Days 2015 インタビュー] 未知の脅威を防ぐ予測型の脅威インテリジェンス(ウェブルート)

  6. IoT時代のソフトウェアライセンシングとセキュリティ対策に関するセミナーを開催(日本セーフネット)

  7. 国内で使用されるサンドボックス製品の長所、短所に迫る

  8. Internet Week 2015 セキュリティセッション紹介 第10回「IPv6セキュリティ再点検」についてNTTの藤崎智宏氏が語る

  9. Twitterから災害状況を地区別に要約する事を可能としたシステムを参考展示(NICT)

  10. Internet Week 2014 セキュリティセッション紹介 第11回「必修!IPv6セキュリティ」について藤崎智宏氏が語る

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×