2016.06.25(土)

「BIND 9」にDoS攻撃を受ける重大な脆弱性、対応を呼びかけ(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は7月27日、「BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について」を発表した。これは、BIND 9.xにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からのサービス不能(DoS)攻撃が可能となる脆弱性(CVE-2013-4854)が、開発元のISCから発表されたというもの。本脆弱性の対象となるのは、BIND 9.7.0以降のすべてのバージョンのBIND 9で、以下の通りとなる。

オープンソース版:
・9.7系列: 9.7.0~9.7.7
・9.8系列: 9.8.0~9.8.5-P1、9.8.6b1
・9.9系列: 9.9.0~9.9.3-P1、9.9.4b1

サブスクリプション版:
・9.9.3-S1、9.9.4-S1b1

BIND 9.6-ESVおよびBIND 10は、本脆弱性の対象とはならない。

BIND 9.xにはリソースレコード(RR)の取り扱いに不具合があり、不正な形式のRDATAを含む特別に作成されたDNS問い合わせを受信拒否する処理において、namedが異常終了を起こす障害が発生する。本脆弱性を利用した攻撃はリモートから可能であり、かつ、キャッシュDNSサーバ・権威DNSサーバの双方が対象となる。また、本脆弱性はBIND 9に付属のDNSライブラリ内に存在するため、そのライブラリを使用しているnamed以外のプログラムやアプリケーションなどにおいても、影響を及ぼす可能性がある。

ISCでは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「重大(Critical)」と評価している。JPRSでは、「BIND 9.9.3-P2」「9.8.5-P2」へのアップグレード、または各ディストリビューションベンダからリリースされるパッチの適用を実施するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  4. デル製PCやタブレットのサポート機能が原因で情報漏えいの可能性(JVN)

  5. 「ウイルスが検出されました」と日本語の音声で警告する偽サイトを確認(トレンドマイクロ)

  6. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  7. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  8. NETGEARのルータ製品「D6000」「D3600」に複数の脆弱性(JVN)

  9. セゾンNetアンサーを騙るフィッシングメールを確認、URLは前回と同一(フィッシング対策協議会)

  10. 「Apache Struts 2」の脆弱性への攻撃増加、および被害を確認(ラック)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×