不正アクセスによりWebサイト改ざん、閲覧者を不正なサイトに誘導も(西日本鉄道)

2013年7月16日(火) 16時48分
このエントリーをはてなブックマークに追加
西日本鉄道による発表の画像
西日本鉄道による発表
西日本鉄道株式会社は7月12日、同社ホームページの一部が第三者からの不正アクセスにより改ざんされていたことが判明したと発表した。改ざんされていた可能性のある期間は7月8日21時頃から7月11日20時50分頃までで、「高宮はるかのにしてつ新発見!」(http://blg.nnr.co.jp/haruka/)および「西鉄駅伝部」(http://blg.nnr.co.jp/ekiden/)の2つのコンテンツが改ざんされていた。

改ざんされていた期間に同コンテンツを閲覧した場合、不正なサイトに誘導される可能性があったとしている。なお、現在は被害を受けたサーバのネットワークからの切断やセキュリティ強化等の対策は実施済であり、利用者の情報流失などもないとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
4月からの2カ月強で約1,000件のサイトが改ざん被害、対策を呼びかけ(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「Webサイト改ざんに関する注意喚起」を発表した。これは、多数のWebサイト改ざんに関するインシデント報告を受領していることを受けたもの。

icon
Webサイト改ざん、古いサーバプログラムの脆弱性が最多(IPA)

IPAは、2013年6月の呼びかけとして「ウェブサイトが改ざんされないように対策を~サーバーやパソコンのみならず、システム全体での対策が必要です~」を発表した。

icon
Webサイトに不正なJavaScriptを埋め込まれる改ざん被害が複数発生(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、不正なJavaScript「JS_BLACOLE.SMTT」の挿入による日本国内のWebサイト改ざん事例を5月末以降、複数確認しているとしてブログで注意喚起を発表した。

icon
Webサイト改ざんが昨年より2倍のペースで増加、対策を呼びかけ(@police)

警察庁は、Webサイト改ざん事案の多発について「@police」において注意喚起を発表した。

icon
インシデント報告のうちWebサイト改ざんが2割を占める--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2013年1月1日から3月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト