2016.06.26(日)

接続したPCの情報を盗むAndroidのハッキングツールを確認(エフセキュア)

脆弱性と脅威 脅威動向

エフセキュア株式会社は7月1日、接続したWindowsマシンから情報を盗むハッキングツールへと携帯端末を根本的に変貌させるAndroidアプリを確認したとブログで発表した。これは同社のセキュリティレスポンスアナリストのひとりであるYehが、Androidアプリに関する中国語のフォーラムで確認したもの。Yehはサンプルを入手し、実行すると「USBCleaver」という名前のアプリをデバイスにインストールした。

このアプリを起動すると、リモートサーバからzipファイルをダウンロードするようにユーザに指示をする。解凍、保存されたファイル群は基本的に、USB経由でデバイスがWindowsマシンに接続された際、特定の情報を取り込むために使われるユーティリティであった(同社の古い検知で大半のファイルが検知される)。これらのユーティリティは、接続されたPCからブラウザのパスワード(Firefox、Chrome、IE)、PCのWi-Fiのパスワード、PCのネットワーク情報を取り込む。同社によると、USBCleaverは後日潜入を試みる際の一助とすべく詳細情報を収集することで、標的型攻撃を円滑に進められるように設計されたように見えるとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  3. 「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、バージョンアップを強く推奨(ラック)

    「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、バージョンアップを強く推奨(ラック)

  4. Ubuntu のクラッシュレポート機能 (Apport) により権限昇格されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  6. 「ウイルスが検出されました」と日本語の音声で警告する偽サイトを確認(トレンドマイクロ)

  7. セキュリティホール情報<2006/01/26>

  8. Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバの実装に起因する整数オーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  9. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  10. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×