2016.06.27(月)

「WinMX」にゲームソフトを公開した男性2名を逮捕(ACCS)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は5月28日、福岡県警サイバー犯罪対策課と朝倉署、うきは署が同日、ファイル共有ソフト「WinMX」を通じてゲームソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた男性2名を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで検挙したことを著作権侵害事件として発表した。

このうち徳島県吉野川市の会社員男性(48歳)は2009年2月7日、もうひとりの大阪市城東区の会社員男性(44歳)は2012年12月27日、それぞれ各著作権者が著作権を有する著作物を、ファイル共有ソフト「WinMX」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 「スパイラルEC」の脆弱性が悪用され「ViVi」通販サイトで会員情報流出、同一プラットフォーム利用の他社で最大42サイト約98万件に拡大するおそれ(パイプドHD)

    「スパイラルEC」の脆弱性が悪用され「ViVi」通販サイトで会員情報流出、同一プラットフォーム利用の他社で最大42サイト約98万件に拡大するおそれ(パイプドHD)

  2. 「JTB」や「るるぶ」などで最大793万名の個人情報漏えいの可能性(ジェイティービー)

    「JTB」や「るるぶ」などで最大793万名の個人情報漏えいの可能性(ジェイティービー)

  3. 外部からの不正アクセスで「ViVi」公式通販サイトから個人情報が流出(講談社)

    外部からの不正アクセスで「ViVi」公式通販サイトから個人情報が流出(講談社)

  4. 「パズル&ドラゴンズ」不正ツールの作成および公開した被疑者を逮捕(ガンホー)

  5. i.JTB社への不正アクセスによる情報漏えい、「dトラベル」ユーザも影響(ドコモ)

  6. 不正コピーの疑いで三重県所在の会社を証拠保全(BSA)

  7. 「ラブライブ!」キャラを無断で印刷した缶バッジを販売、逮捕(ACCS)

  8. 小学校教諭が個人情報を含むデータを記録した私物USBメモリを紛失(神奈川県藤沢市)

  9. 社員自宅の個人PCがウイルス感染、LANに接続していた会社支給PCの情報が流出(ミスミグループ本社)

  10. 「Windows7」のリカバリーディスクを無断複製、販売した男性を逮捕(ACCS)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×