「RAGTAG Online」などのサーバに不正アクセス、個人情報流出の可能性(ティンパンアレイ)

2013年5月14日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ティンパンアレイによるリリースの画像
ティンパンアレイによるリリース
株式会社ティンパンアレイは5月9日、「RAGTAG Online」などのサーバに不正アクセスがあり、これらのサイトにWebより登録した会員の個人情報が外部に流出した可能性があると発表した。これは、同社が業務委託している外部サーバ管理業者から連絡を受けたというもので、5月6日23時頃から5月7日1時59分までの間に不正アクセスがあったという。

会員の個人情報が流出した可能性があるのは、「RAGTAG Online」「RAGTAGお買い取りWebサイト」「R cafe Online」「r cleaning Webサイト」において5月7日1時59分までに会員登録を行った合計30,568名のメールアドレス、パスワード、一部の会員ID。氏名、住所、クレジットカード情報などの流出は確認されていないという。また、ポイントカード(r card)会員の登録個人情報についても流出は確認されていないとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
県立高校2校の生徒の個人情報を記録したUSBメモリ、車上荒らしにより紛失(千葉県教育委員会)

千葉県教育委員会は、県立高校生徒の個人情報が記録されたUSBメモリが盗難被害に遭ったと発表した。

icon
患者5名の個人情報が記録されたSDカードを紛失(昭和大学歯科病院)

昭和大学歯科病院は、同院小児歯科において患者の個人情報が記録されたSDカードの紛失が判明したと発表した。

icon
学生190名の個人情報が記録されたHDD・USBメモリを紛失(佛教大学)

佛教大学は、同大学の職員が個人情報を含む記録媒体を紛失していたことが判明したと発表した。

icon
小学校児童の個人情報が記載された「児童調査書」を紛失(大阪市)

大阪市は、大阪市立加美北小学校において児童の個人情報が記載された「児童調査書」を紛失していたことが判明したと発表した。

icon
顧客の個人情報が記録されたノート、車上荒らしにより盗難(兵庫県民共済生活協同組合)

兵庫県民共済生活協同組合は、車上荒らしにより個人情報が記載されたノートが盗難に遭ったことが判明したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト