2016.06.01(水)

「BIND 9」に致命的な脆弱性、ユーザに即時対応を呼びかけ(JPRS)

脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は3月27日、「BIND 9.xの致命的な脆弱性(過度のメモリ消費)について」を発表した。これは、BIND 9.xにおける実装上の問題により、namedに対する外部からの攻撃が可能となる脆弱性(CVE-2013-2266)が、開発元のISCから発表されたというもの。本脆弱性によりnamedが過度のメモリ消費を引き起こし、その結果としてnamedを含む当該サーバで動作しているプログラムおよびシステムに、サービスの異常動作や停止につながる致命的な影響が発生する可能性がある。

本脆弱性の対象となるのは「9.7系列:すべてのバージョン」「9.8系列:9.8.0~9.8.5b1」「9.9系列: 9.9.0~9.9.3b1」。ISCでは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「重大(Critical)」と評価しており、キャッシュDNSサーバおよび権威DNSサーバの双方が対象となること、多くのバージョンのBIND 9が対象となること、namedの設定ファイル(named.conf)によるアクセスコントロール(ACL)の設定では影響を回避・軽減できないこと、インターネットに直接接続していないキャッシュ/権威DNSサーバも攻撃の対象となりうることなどから、広い範囲での緊急対策が必要としている。JPRSにおいても、該当するBIND 9.xを利用しているユーザは関連情報の収集および即時の対応を取ることを強く推奨している。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脅威 アクセスランキング

  1. 「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

    「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

  2. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

    「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

  3. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

    バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  4. 「WORM_DOWNAD」の感染報告が継続、脆弱性対策を--12月度レポート(トレンドマイクロ)

  5. 細菌の増殖が活発化し食中毒が増える傾向に、細菌を「付けない」ためにハンドソープによる正しい手洗いを

  6. ボット機能を持つ初のAndroidマルウェアを確認、端末の乗っ取りも(ISC)

  7. Windowsを狙った新たなマルチコンポーネントバックドアなど確認(Dr.WEB)

  8. ユーザが急増しているプラットフォームが標的に--2011年サイバー脅威予測(マカフィー)

  9. 便利な環境であるほど攻撃のターゲットとなりやすい--2011年脅威トレンド(アンラボ)

  10. スマホアプリ「ANA」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×