2016.07.30(土)

「BIND 9」に致命的な脆弱性、ユーザに即時対応を呼びかけ(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は3月27日、「BIND 9.xの致命的な脆弱性(過度のメモリ消費)について」を発表した。これは、BIND 9.xにおける実装上の問題により、namedに対する外部からの攻撃が可能となる脆弱性(CVE-2013-2266)が、開発元のISCから発表されたというもの。本脆弱性によりnamedが過度のメモリ消費を引き起こし、その結果としてnamedを含む当該サーバで動作しているプログラムおよびシステムに、サービスの異常動作や停止につながる致命的な影響が発生する可能性がある。

本脆弱性の対象となるのは「9.7系列:すべてのバージョン」「9.8系列:9.8.0~9.8.5b1」「9.9系列: 9.9.0~9.9.3b1」。ISCでは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「重大(Critical)」と評価しており、キャッシュDNSサーバおよび権威DNSサーバの双方が対象となること、多くのバージョンのBIND 9が対象となること、namedの設定ファイル(named.conf)によるアクセスコントロール(ACL)の設定では影響を回避・軽減できないこと、インターネットに直接接続していないキャッシュ/権威DNSサーバも攻撃の対象となりうることなどから、広い範囲での緊急対策が必要としている。JPRSにおいても、該当するBIND 9.xを利用しているユーザは関連情報の収集および即時の対応を取ることを強く推奨している。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

    「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

  2. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  3. Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  4. CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

  5. GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性

  6. 大手ショッピングサイトの人気商品を盗用掲載する詐欺サイトが増加(BBソフトサービス)

  7. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  8. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  9. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  10. Javaに複数の脆弱性、早急な修正プログラムの適用を呼びかけ(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×