「BIND 9.8.x/9.9.x」にDoSの脆弱性、ただし深刻度は「低」(JPRS)

2013年1月25日(金) 14時44分
このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は1月25日、「BIND 9.8.x/9.9.xにおけるDNS64の実装上のバグによるnamedのサービス停止について」を発表した。これは、BIND 9.8.x/9.9.xにおけるDNS64/RPZの実装上のバグにより、namedに対する外部からのサービス不能(DoS)攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されたというもの。ISCでは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「低(Low)」と評価している。その理由として、「本脆弱性はDNS64とRPZの双方を有効に設定している場合にのみ対象となり、該当するシステムは極めて少ないと考えられること」「本脆弱性にはシンプルかつ完全な回避策が存在すること」の2点を挙げている。

「9.8系列:9.8.0~9.8.4-P1」「9.9系列: 9.9.0~9.9.2-P1」には、実装上のバグにより、DNS64とRPZの双方を有効に設定し、かつRPZによる書き換えとDNS64によるマッピングが特定の条件で競合した場合に、namedが異常終了を起こす障害が発生する(CVE-2012-5689)。ただし、デフォルトではDNS64/RPZはともにデフォルトでは無効に設定されている。JPRSでは、RPZにAレコードの書き換えルールが存在する場合、対象の名前に対するAAAAレコードの書き換えルールを併せて記述することにより、本脆弱性の影響を回避できるとしている。なお、DNS64とRPZの双方を有効に設定していない場合、またはRPZにおいて当該の書き換えルールが存在しない場合、回避策は不要としている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

JPRSは、「D.root-servers.netのIPアドレス変更について」を発表した。D-rootのIPアドレスが2013年1月3日に変更される予定だ。

icon

JPRSは、「BIND 9.8.x/9.9.xにおけるDNS64の実装上のバグによるnamedのサービス停止について」を発表した。

icon

JPRSは、「BIND 9.xの脆弱性(サービス停止)について」を発表した。

icon

JPRSは、「BIND 9.xの脆弱性(サービス停止)について」を発表した。利用しているユーザは関連情報の収集、緊急パッチの適用など、適切な対応を速やかに取ることを強く推奨している。

icon

JPRSは「BIND 9.9.xの大量のTCP問い合わせ受信時におけるメモリリーク発生について」を発表した。本脆弱性により、提供者が意図しないサービスの停止や、メモリの不足によるサーバの障害などが発生する可能性があ...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト