2016.07.24(日)

「BIND 9.8.x/9.9.x」にDoSの脆弱性、ただし深刻度は「低」(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は1月25日、「BIND 9.8.x/9.9.xにおけるDNS64の実装上のバグによるnamedのサービス停止について」を発表した。これは、BIND 9.8.x/9.9.xにおけるDNS64/RPZの実装上のバグにより、namedに対する外部からのサービス不能(DoS)攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されたというもの。ISCでは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「低(Low)」と評価している。その理由として、「本脆弱性はDNS64とRPZの双方を有効に設定している場合にのみ対象となり、該当するシステムは極めて少ないと考えられること」「本脆弱性にはシンプルかつ完全な回避策が存在すること」の2点を挙げている。

「9.8系列:9.8.0~9.8.4-P1」「9.9系列: 9.9.0~9.9.2-P1」には、実装上のバグにより、DNS64とRPZの双方を有効に設定し、かつRPZによる書き換えとDNS64によるマッピングが特定の条件で競合した場合に、namedが異常終了を起こす障害が発生する(CVE-2012-5689)。ただし、デフォルトではDNS64/RPZはともにデフォルトでは無効に設定されている。JPRSでは、RPZにAレコードの書き換えルールが存在する場合、対象の名前に対するAAAAレコードの書き換えルールを併せて記述することにより、本脆弱性の影響を回避できるとしている。なお、DNS64とRPZの双方を有効に設定していない場合、またはRPZにおいて当該の書き換えルールが存在しない場合、回避策は不要としている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

    トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  3. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

    「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  4. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  5. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  6. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  7. アップルが「iOS」や「OS X」などのセキュリティアップデートを公開(JVN)

  8. 大手ショッピングサイトの人気商品を盗用掲載する詐欺サイトが増加(BBソフトサービス)

  9. OracleがJavaのセキュリティアップデートを公開、至急の適用を(IPA)

  10. 「WAONサービスアプリ」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×