2016.07.31(日)

「Ruby on Rails」に複数の脆弱性、対策を呼びかけ(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月9日、「Ruby on Rails」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは「Ruby on Rails 3.2.11 より前の 3.2 系」「Ruby on Rails 3.1.10 より前の 3.1 系」「Ruby on Rails 3.0.19 より前の 3.0 系」「Ruby on Rails 2.3.15 より前の 2.3 系」。

上記Ruby on RailsのAction Packには、パラメータ解析処理に複数の脆弱性(CVE-2013-0156)が存在する。この脆弱性が悪用されると、リモートの攻撃者によって認証が回避されたり、任意のコードが実行されたり、任意のSQLコマンドが実行されるなどの影響を受ける可能性がある。JVNでは、最新版へのアップデートや対応するパッチの適用を呼びかけている。なお、「XMLの解析処理を無効にする」「XMLの解析処理において、YAMLおよびSymbolのサポートを無効にする」「YAMLの解析処理を無効にする」といったことで、本脆弱性の影響を軽減することが可能としている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  3. Android端末を狙うリダイレクトサイト、4万5千以上確認(Dr.WEB)

    Android端末を狙うリダイレクトサイト、4万5千以上確認(Dr.WEB)

  4. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  5. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  6. 「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

  7. スマホを狙うマルウェア、「PUA」「トロイの木馬」で全体の95%を占める(アンラボ)

  8. 「AirDroid」のWebインタフェースに未対応のXSS脆弱性(JVN)

  9. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  10. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×