2016.07.27(水)

ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

11月28日、第2回となるScanNetSecurity勉強会が開催された。今回のセミナーは「マルウエア解析、サンドボックスにできること/できないこと」と題され、講師は、NTTコミュニケーションズ 先端IPアーキテクチャセンタで多くのサンドボックス製品の性能評価などを行ってた日吉龍氏を招いた。日吉氏は、入社したNTT(当時、日本電信電話株式会社)で電子マネーの開発を担当し、セキュリティの固まりである電子マネーを通じてセキュリティに魅了されたという。

特定の製品のPRではなく、一評価者としての立場から、フリーソフトウェアからクラウドサービス型、アプライアンス型と多くのサンドボックス製品を利用し、評価した日吉氏の使用感が率直に語られ、会場は満員となった。

《中尾真二》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

    サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  2. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

    ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  3. 東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

    東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

  4. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  5. デロイト流「なんちゃってCSIRT」再生3つのアプローチ

  6. セキュリティ・キャンプの参加者51名が決定、最年少は15歳(IPA)

  7. 防災情報をリアルタイムに多言語翻訳して表示(ピクセラ)

  8. サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

  9. CTF開催、SOCオペレータとしてRSA製品を用いインシデントに迫る(EMCジャパン)

  10. 「SECCON 2016」九州大会は、大会初のIoTをテーマとしたCTF(SECCON 2016実行委員会、JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×