2016.06.30(木)

乗換1年以内のユーザもスマホに満足、しかしセキュリティ対策は不十分(トレンドマイクロ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

トレンドマイクロ株式会社は12月25日、「スマートフォンの利用実態調査」の結果を発表した。本調査は2012年12月13日から14日、2012年にスマートフォン以外の携帯電話からAndroid OSのスマートフォンに機種変更した18歳から59歳までの男女ユーザ316名を対象に、Webアンケート調査により実施したもの。調査結果によると、今年スマートフォンに変更したユーザは今までの携帯電話に比べ、より多機能なスマートフォンの特長を活用し満足している一方で、大切なデータのバックアップや紛失盗難対策、不正アプリ対策などが充分ではない実態が明らかになっている。

スマートフォンに乗り換えた感想では、「変更してよかった(87.0%)」という声が圧倒的に多く、約6割が時間を有効に使えていると感じ、「もう普通の携帯電話には戻れない(56.6%)」と考えている。満足度については、インターネットや動画ニュース視聴の便利さ、画質のよい写真撮影、豊富なアプリに対しての満足度も高く、さらにはスマートフォンを家に置き忘れるのは財布を置き忘れるのと同じくらい重要(52.9%)と捉え、スマートフォンは購入後1年以内のユーザであっても生活に密着しており、なくてはならない存在となっている。

スマートフォンの利用状況では、スマートフォンへの機種変更によって、写真を撮る機会やインターネットでWebを見る時間が増え、PCを使う時間が減ったなどユーザの行動に影響を及ぼしている。また画像や写真などを100枚以下(67.1%)、約5割が電話帳の登録数が51~200件のデータをスマートフォンに保存して利用している。以前に比べあまり充電が持たなくなった(68.0%)と感じているバッテリーに関しては、いつでもどこでも利用できるように予備のバッテリーや充電器を持ち歩く25.3%)などの工夫もみられた。一方、スマートフォンのセキュリティ対策については、多くのユーザがアプリの情報をチェックしているが、アプリに許可するアクセス権限やセキュリティソフトで安全性をチェックするなどの対策はあまり行われていないことも明らかになった。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

    公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

  2. 外部にさらされているインフラは東京が突出~SHODANで見る5都府県(トレンドマイクロ)

    外部にさらされているインフラは東京が突出~SHODANで見る5都府県(トレンドマイクロ)

  3. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

    CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  4. 2016年第1四半期および2015年度のインシデント傾向を発表(ラック)

  5. 最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

  6. 準拠の継続率が低いPCI DSS、カード情報を漏洩した企業の要件6・10準拠は皆無(ベライゾン)

  7. 情報漏えいで発生した平均コストは400万ドル、その約6割が対応費用(日本IBM)

  8. 2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA)

  9. CSIRTを設置するも、スキル不足などにより有効性に疑問を持つ日本企業(IPA)

  10. 大規模DDoS攻撃が増加、ピーク時に289Gbpsを記録した例も--四半期レポート(アカマイ)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×