「D-root」のIPアドレスが2013年1月3日に変更、適切な対応を呼びかけ(JPRS)

2012年12月18日(火) 18時20分
このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は12月18日、「D.root-servers.netのIPアドレス変更について」を発表した。これは、ルートサーバのひとつである「D.root-servers.net(D-root)」のIPアドレスが2013年1月3日に変更される予定である旨が、D-rootの運用者である米国メリーランド大学から事前予告(advance notice)があったというもの。

新しいD-rootのIPアドレスは「199.7.91.13」となる。新しいIPアドレスでの運用はすでに開始されており、2013年1月3日に予定されているルートゾーンの変更作業により、正式運用が開始されることになる。なお、D-rootのIPv6アドレス「2001:500:2d::d」に変更はない。現在のD-rootのIPアドレス「128.8.10.90」は、移行後少なくとも6カ月間はサービスが継続される予定だが、最終的にはサービスを終了する予定であるとアナウンスされていることから、1月3日のルートゾーンにおける情報変更後の移行期間中に各キャッシュDNSサーバにおいてルートヒントファイルを更新するなどの、適切な対応が必要になるとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

JPRSは、「BIND 9.8.x/9.9.xにおけるDNS64の実装上のバグによるnamedのサービス停止について」を発表した。

icon

JPRSは、「BIND 9.xの脆弱性(サービス停止)について」を発表した。

icon

JPRSは、「BIND 9.xの脆弱性(サービス停止)について」を発表した。利用しているユーザは関連情報の収集、緊急パッチの適用など、適切な対応を速やかに取ることを強く推奨している。

icon

JPRSは「BIND 9.9.xの大量のTCP問い合わせ受信時におけるメモリリーク発生について」を発表した。本脆弱性により、提供者が意図しないサービスの停止や、メモリの不足によるサーバの障害などが発生する可能性があ...

icon

JPRSは、緊急情報として「NSD 3.xの脆弱性を利用したサービス不能(DoS)攻撃について」を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト