「MS SQL Server」を不正コピーしていたサーバ運用会社と1億円で和解(ACCS)

2012年10月31日(水) 14時39分
このエントリーをはてなブックマークに追加
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は10月31日、データベース管理ソフト「MS SQL Server」を不正にインストール(不正コピー)していたサーバ運用会社(東京都港区)との間で和解交渉を続けていたところ、和解金1億円を支払うことなどを内容とする和解が10月30日に成立したとの報告を、会員企業である日本マイクロソフト株式会社から受けたと発表した。

外部から受託した業務を行っていたサーバ運用会社の不正コピーについて、ACCS会員企業が証拠保全手続きを経て和解したのは今回が初めて。この問題は、ACCS不正コピー情報窓口 に寄せられた情報に基づき、会員企業が代理人弁護士を通じて対応したところ、発覚したという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

ACCSによると愛知県豊橋署は10月19日、オンラインストレージ会社のサーバにビジネスソフトのデータを記録・蔵置していた、大阪府のアルバイト男性を著作権法違反の疑いで名古屋地検豊橋支部に送致した。

icon

ACCSはによると、福岡県警サイバー犯罪対策課と、うきは署、朝倉署、小郡署は、「WinMX」を通じてゲームソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた男性3名を逮捕した。

icon

ACCSによると茨城県警生活環境課と常総署は、ファイル共有ソフト「Cabos」を通じて外国語会話教材を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた会社員男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon

ACCSによると、奈良県警生活環境課は「Share」を通じてゲームソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、奈良県生駒市の地方公務員男性を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで奈良地検に...

icon

ACCSによると、主に携帯電話からアクセスするオークションサイトの利用者に対して、著作権者らに無断で、集英社が発行する出版物に掲載されたタレントの写真が謄写されたライターを販売していた男性が著作権法違...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト