Androidアドウェア活性化、バンキング系トロイの木馬の進化など--脅威動向(フォーティネット)

2012年10月16日(火) 15時52分
このエントリーをはてなブックマークに追加
不必要な情報をリクエストするアプリには注意が必要の画像
不必要な情報をリクエストするアプリには注意が必要
フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は10月16日、脅威動向調査の結果を発表した。これによると、この3カ月でAndroidベースのモバイルアドウェアが活性化している。これは過去最大のスパムジェネレーターのひとつである「Netsky.P」に匹敵する活動量を持つという。FortiGuardはアジア太平洋地域とEMEA地域に設置している全監視システムのほぼ1%、そして南北アメリカでは4%で、アドウェア亜種「Android/NewyearL」と「Android/Plankton」を検出した。

この2つのアドウェア亜種は携帯のステータスバーへの迷惑広告の表示、国際移動体装置識別番号(IMEI)を介したユーザ追跡、デバイスのデスクトップへのアイコンのドロップを行う共通のツールセットを組み込んでいるさまざまなアプリケーションに広まっている。これにより誰かが、あるいはグループが、おそらく詐欺的な広告アフィリエイトプログラムで金儲けをしているということだとしている。調査結果ではこのほか、バンキング系トロイの木馬「Zeus」のモバイルコンポーネント「Zitmo」が遠隔操作対応など進化していることや、ルーマニアのハッカーたちがphpMyAdminの脆弱性スキャンを実行していることなどを取り上げている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

米Fortinet社は、iOSおよびAndroidに対応した新バージョンの「FortiClientアプリケーション」をリリースしたと発表した。

icon

フォーティネットは、「FortiManager」「FortiAnalyzer」「FortiMail」の新ハードウェアプラットフォームを発表した。

icon

フォーティネットジャパンは、中堅企業や大企業の支店向けの複合脅威セキュリティアプライアンスの新製品「FortiGate-100D」を発表した。

icon

米フォーティネットが実施した調査によると、第1世代のBYODワーカーによって企業ITシステムに深刻なセキュリティ上の課題が突きつけられていることが明らかになったという。

icon

フォーティネットは、中堅企業向けネットワークセキュリティアプライアンスの新モデルを市場投入する。集中管理システム、集中レポートシステム、統合セキュアメールアプライアンス、Webアプリケーションファイア...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト