2016.07.25(月)

Androidアドウェア活性化、バンキング系トロイの木馬の進化など--脅威動向(フォーティネット)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は10月16日、脅威動向調査の結果を発表した。これによると、この3カ月でAndroidベースのモバイルアドウェアが活性化している。これは過去最大のスパムジェネレーターのひとつである「Netsky.P」に匹敵する活動量を持つという。FortiGuardはアジア太平洋地域とEMEA地域に設置している全監視システムのほぼ1%、そして南北アメリカでは4%で、アドウェア亜種「Android/NewyearL」と「Android/Plankton」を検出した。

この2つのアドウェア亜種は携帯のステータスバーへの迷惑広告の表示、国際移動体装置識別番号(IMEI)を介したユーザ追跡、デバイスのデスクトップへのアイコンのドロップを行う共通のツールセットを組み込んでいるさまざまなアプリケーションに広まっている。これにより誰かが、あるいはグループが、おそらく詐欺的な広告アフィリエイトプログラムで金儲けをしているということだとしている。調査結果ではこのほか、バンキング系トロイの木馬「Zeus」のモバイルコンポーネント「Zitmo」が遠隔操作対応など進化していることや、ルーマニアのハッカーたちがphpMyAdminの脆弱性スキャンを実行していることなどを取り上げている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  2. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

    脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  3. 組織の担当者だけでなく一般ユーザにも役立つ「情報セキュリティ白書2016」(IPA)

    組織の担当者だけでなく一般ユーザにも役立つ「情報セキュリティ白書2016」(IPA)

  4. CASB、EDR、リモート・ブラウザ、Deception… ~ 重要セキュリティ技術トップ 10 発表(ガートナー)

  5. スマートフォンのセキュリティ対策、中学生の26.5%が何も対策せず(MMD研究所)

  6. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  7. ハッキングされたサーバー7万台以上のアクセス情報を取引、闇フォーラム「xDedic」の実態を公開(カスペルスキー)

  8. インシデント報告は前四半期と同水準で推移--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

  9. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  10. 行政機関および独法等の個人情報管理状況、ほぼすべてが対応済み(総務省)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×