2016.06.30(木)

オンラインショップが不正アクセス可能状態、現段階では個人情報漏洩は確認されず(スクウェア・エニックス)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

スクウェア・エニックスは、同社のキャラクターグッズ公式オンライン販売サイトである「オフィシャルグッズオンラインショップ」のサーバーにおいて、不正アクセスが可能である状態だったことを明らかにしました。

当該サーバーでは、顧客情報が管理されていますが、現段階では顧客の個人情報が外部へ漏洩した形跡は確認されていないということです。なお、当該サーバーは、同社のキャラクターグッズ販売のみに使用している専用サーバーで、業務委託先が管理しているため、同社が提供するその他の全てのオンラインサービスには一切影響がないということです。業務委託先にはサーバーの管理のみを委託しており、その他の情報は管理していないと説明しています。

■顧客データ
・氏名
・住所
・電話番号
・性別
・生年月日
・メールアドレス

■クレジットカードの情報
2010年7月までに、オフィシャルグッズオンラインショップで、商品購入にあたり、クレジットカード決済を利用した顧客の「クレジットカード番号及び有効期限」

クレジットカードの情報と顧客のデータはひも付けされていないということですが、該当する方はクレジットカードの不正利用にご注意くださいと呼びかけています。

現在、オフィシャルグッズオンラインショップのみ、対策が講じられるまでサービスを停止していますが、このほかのサービスは通常通り稼働中です。

スクウェア・エニックスは「今後、このような事態を招来しないよう、自らの情報システムの管理はもちろん、業務委託先の管理にも万全を期してまいります。」との声明を発表しています。

スクウェア・エニックスのオンラインショップに不正アクセスの疑い ― 外部への情報漏洩は認められず

《宮崎@INSIDE》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 90社の個別プロジェクト案件の情報を保存した外付けHDDを紛失(NTT-AT)

    90社の個別プロジェクト案件の情報を保存した外付けHDDを紛失(NTT-AT)

  2. 「JTB」や「るるぶ」などで最大793万名の個人情報漏えいの可能性(ジェイティービー)

    「JTB」や「るるぶ」などで最大793万名の個人情報漏えいの可能性(ジェイティービー)

  3. 「スパイラルEC」の脆弱性が悪用され「ViVi」通販サイトで会員情報流出、同一プラットフォーム利用の他社で最大42サイト約98万件に拡大するおそれ(パイプドHD)

    「スパイラルEC」の脆弱性が悪用され「ViVi」通販サイトで会員情報流出、同一プラットフォーム利用の他社で最大42サイト約98万件に拡大するおそれ(パイプドHD)

  4. 06月21日のWeb改竄情報

  5. 「スピードラーニング」海賊版を中国から輸入、販売した女性を送致(ACCS)

  6. 「パズル&ドラゴンズ」不正ツールの作成および公開した被疑者を逮捕(ガンホー)

  7. 学校教育ネットワークに不正アクセス、約1万人分の生徒の個人情報が流出(佐賀県)

  8. AKB48渡辺麻友の写真をシールに複製し1ドル紙幣様のものに貼り付け(ACCS)

  9. 「Adobe Acrobat」などの海賊版をショッピングサイトで販売、1億円以上売上(ACCS)

  10. 不正コピーの疑いで三重県所在の会社を証拠保全(BSA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×