オンラインショップが不正アクセス可能状態、現段階では個人情報漏洩は確認されず(スクウェア・エニックス)

2012年9月17日(月) 19時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

スクウェア・エニックスのオンラインショップに不正アクセスの疑い ― 外部への情報漏洩は認められず

スクウェア・エニックスは、同社のキャラクターグッズ公式オンライン販売サイトである「オフィシャルグッズオンラインショップ」のサーバーにおいて、不正アクセスが可能である状態だったことを明らかにしました。

当該サーバーでは、顧客情報が管理されていますが、現段階では顧客の個人情報が外部へ漏洩した形跡は確認されていないということです。なお、当該サーバーは、同社のキャラクターグッズ販売のみに使用している専用サーバーで、業務委託先が管理しているため、同社が提供するその他の全てのオンラインサービスには一切影響がないということです。業務委託先にはサーバーの管理のみを委託しており、その他の情報は管理していないと説明しています。

■顧客データ
・氏名
・住所
・電話番号
・性別
・生年月日
・メールアドレス

■クレジットカードの情報
2010年7月までに、オフィシャルグッズオンラインショップで、商品購入にあたり、クレジットカード決済を利用した顧客の「クレジットカード番号及び有効期限」

クレジットカードの情報と顧客のデータはひも付けされていないということですが、該当する方はクレジットカードの不正利用にご注意くださいと呼びかけています。

現在、オフィシャルグッズオンラインショップのみ、対策が講じられるまでサービスを停止していますが、このほかのサービスは通常通り稼働中です。

スクウェア・エニックスは「今後、このような事態を招来しないよう、自らの情報システムの管理はもちろん、業務委託先の管理にも万全を期してまいります。」との声明を発表しています。
《宮崎@INSIDE》

注目ニュース

icon

TOKAIコミュニケーションズは、「みなくる」に不正アクセス攻撃があり、一部の会員情報が不正アクセス攻撃者に閲覧された可能性があったと発表した。

icon
アプリ不正利用や不正アクセスに対応する次世代FWログ解析製品を発売(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、次世代ファイアウォールのアプリケーション制御機能に対応したファイアウォールのログ解析製品の最新版「FIREWALLstaff 01-07」の販売を開始する。

icon

シンクロ・フードは、同社が運営する「飲食店.COM」などが不正アクセスによる攻撃を受け、顧客情報のメールアドレス(ユーザID)およびパスワードが漏えいした可能性があると発表した。

icon
ドラクエXに関する賭博罪や賭博開帳罪が成立する可能性が高いと指摘の日本経済新聞電子版記事に反論(スクウェア・エニックス)

スクウェア・エニックスは、日本経済新聞電子版が29日、「『ドラクエ10』揺るがす重大課題 基本機能を賭博に使うプレーヤー」(ゲームジャーナリスト新清士氏)として掲載した記事について見解を明らかにしました。

icon
メンバーズサイトの個人情報流出はなかったことを報告(スクウェア・エニックス)

スクウェア・エニックスは、同社が運営している会員制サイト「スクウェア・エニックス メンバーズ」の不正アクセス問題において、復旧予定と追加の調査結果を発表しました。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト