2016.05.31(火)

Android向けの偽サイトは「本家」よりも高品質に(エフセキュアブログ)

脅威 脅威動向

エフセキュア株式会社は9月4日、Android向けの「偽サイト」についてブログで解説している。PC向けの偽サイトは、以前から攻撃者の「本家」に似せようとする努力が感じられていた。同様に、偽Androidアプリケーション用Webサイトも同じ道をたどっているという。かなり前から、これらは同じWebサイトレイアウトテンプレートを使用していた。模倣している最新のアプリケーション例は、「Android Office」「Winamp」「Doodle Jump」「DrWeb」「Mass Effect,」および「Nova 3」だ。

しかし、そのトレンドは変化しており、すでに同社ではより洗練されたデザインを生み出すため、テンプレートを使用していない偽アプリケーションもいくつか発見している。たとえば、偽のChromeWebサイトは本物の公式サイトと判別がつかないほどになっている。ブログでは、Androidの世界ではデバイスに何かをインストールする場合、慎重になければならないとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脅威 アクセスランキング

  1. Apache Struts 2 において Dynamic Method Invocation 機能の実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において Dynamic Method Invocation 機能の実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  2. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

    バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  3. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

    「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

  4. 「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

  5. iOSアプリ「Akerun - Smart Lock Robot」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

  6. ランサムウェア「CryptoWall」への感染を狙う攻撃を連日確認(日本IBM)

  7. 周術期情報管理システムに患者情報の取得や改ざんの脆弱性(JVN)

  8. Ubuntu のクラッシュレポート機能 (Apport) により権限昇格されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  9. ProFTPD において mod_copy モジュールの認証不備によりファイルをコピーされてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  10. Mozilla FirefoxおよびSeaMonkeyにおける解放済みメモリ使用の脆弱性(Scan Tech Report)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×