マルウェア検出数が過去最高、ほぼすべてがAndroid向け--四半期レポート(マカフィー)

2012年9月5日(水) 18時15分
このエントリーをはてなブックマークに追加
データベースに登録されたマルウェアの合計数。急激な増加がわかるの画像
データベースに登録されたマルウェアの合計数。急激な増加がわかる
マルウェアが狙う携帯プラットフォームは、圧倒的にAndroidの画像
マルウェアが狙う携帯プラットフォームは、圧倒的にAndroid
マカフィー株式会社は9月5日、「McAfee脅威レポート:2012年第2四半期」を発表した。これによると、マルウェア検出件数の増加が過去4年間で最高になった。McAfee Labsでは2012年第1四半期と比較して150万件のマルウェア増加を検出しており、さらにモバイル版「ドライブ・バイ・ダウンロード」、Twitterの使用によるモバイルボットネットのコントロール、モバイル版「ランサムウェア」などの新しい脅威を確認している。

2012年第2四半期に検出された新種のマルウェアは、ほとんどすべてがAndroidプラットフォームをターゲットにしたものであり、その内訳はSMSを不正に送信するマルウェア、モバイルボットネット、スパイウェア、破壊的なトロイの木馬であった。ユーザはモバイルでも厳重な警戒が必要としている。ランサムウェアもこの四半期で確実に増加しており、データを喪失したり金銭を要求されるなど被害は個人から大企業まで及んでいる。また、リムーバブルメディア(USBドライブ)に感染するマルウェアやパスワードを盗むマルウェアは、第2四半期に大幅に増加した。特に「AutoRun」ワームは120万件近い新規サンプルが検出された。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Facebookをはじめとするチャット機能を介して広がるボットを確認(マカフィー)

マカフィーは、同社McAfee Labsが最近、攻撃者がさまざまなメッセンジャーを介して被害者のマシンにコマンドを拡散するボットネット型のマルウェアを発見したとブログで公開している。

icon

米マカフィー社の最高セキュリティ責任者 Brent Conran 氏が来日し、日本の商社が都内で9月6日開催するカンファレンスで、同社が受けたサイバー攻撃に関する講演を行う。

icon

McAfeeは、Facebook上で無許可での写真の閲覧、共有、ダウンロード、印刷を防止するFacebook用の新アプリケーション「McAfee Social Protection」の無償ベータ版(英語版)を公開した。

icon
定義ファイルのアップデートにより一部で不具合が発生、最新の定義ファイルでトラブルは解消(マカフィー)

 マカフィーは22日、個人向けアンチウイルス製品および企業向けの「McAfee VirusScan Enterprise」において、定義ファイルのアップデートにより、一部で不具合が発生したことを発表した。

icon

マカフィーは、Android用個人向け総合モバイルセキュリティ製品「McAfee Mobile Security」の新バージョンを発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト