2016.07.31(日)

Adobe Flash Playerのフォント解析における脆弱性の検証レポートを発表(NTTデータ先端技術)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

NTTデータ先端技術株式会社は8月22日、「Adobe Flash Player」の脆弱性により、リモート任意のコードが実行される脆弱性(CVE-2012-1535)に関する検証レポートを公開した。本脆弱性はWindows、Macintosh版のAdobe Flash Player 11.3.300.270以前、およびLinux版のAdobe Flash Player 11.2.202.236以前に存在するもので、Flash Playerに細工されたフォントを解析させることで、システムへログオンしているユーザと同じ権限で任意のコードを実行される危険性がある。同社では、本脆弱性の再現性について検証を実施した。

検証は、Windows XP SP3上のInternet Explorer 6 Flash Player 11.3.300.270を検証ターゲットシステムとして実施した。ターゲットシステム上で、悪意のあるユーザが作成したWebページを閲覧させることで、攻撃コードを実行させる。これにより、ターゲットシステムにおいて任意のコードを実行させる。ターゲットシステムは、悪意のあるユーザが用意したホストに制御が誘導される。今回の検証に用いたコードは、ターゲットシステム上から特定のサーバ、ポートへコネクションを確立させるよう誘導し、システムの制御を奪取するもの。これにより、リモートからターゲットシステムが操作可能となる。検証の結果、誘導先のコンピュータ(Debian)のターミナル上にターゲットシステム(Windows XP)のプロンプトが表示され、ターゲットシステムの制御の奪取に成功した。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

    「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

  3. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

    Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  4. Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  5. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  6. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  7. テレビ会議システム「LifeSize Room」に複数の脆弱性(JVN)

  8. GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性

  9. TFTPサーバやMS SQLサーバに対するアクセスが増加(警察庁)

  10. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×