携帯端末の価値は「107,479円」で悪用のリスクも、対策を呼びかけ(マカフィー)

2012年8月9日(木) 16時15分
このエントリーをはてなブックマークに追加
携帯端末の価値は、合計「107,479円」と算出の画像
携帯端末の価値は、合計「107,479円」と算出
コンテンツの復元や入れ替えにかかる時間は18時間と算出の画像
コンテンツの復元や入れ替えにかかる時間は18時間と算出
携帯電話の交換にかかる費用は「134,721円」と算出の画像
携帯電話の交換にかかる費用は「134,721円」と算出
マカフィー株式会社は8月9日、携帯電話が紛失・盗難された際のリスクについてブログで検証を行っている。携帯電話がサイバー犯罪者の手に渡った場合、端末に保存された写真、メール、テキストメッセージ、アプリケーションなどは、サイバー犯罪者にとってユーザの個人情報、プライバシー、銀行口座にまでアクセスするためのキッカケになってしまう。

同社では携帯端末の価値として、平均購入価格「45,835円」、お財布機能のチャージ金額「50,000円以上」、ICカード乗車券のチャージ金額「10,644円」の合計「107,479円」と算出している。さらに、携帯電話の交換にかかる費用は「134,721円」、コンテンツの復元や入れ替えにかかる時間は18時間としており、対策の強化を呼びかけている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

マカフィーは、2012年7月のサイバー脅威の状況を発表した。今月も「Blackhole」「ZeroAccess」「PWS-Zbot」の脅威がランクインしている。

icon
スマートグリッドの脆弱性をまとめた報告書を公開(マカフィー)

米McAfee社は、「スマートグリッド(次世代送電網)のために、よりスマートな防御を(Smarter Protection for the Smart Grid)」と題した報告書を発表した。基幹システムに対するセキュリティ対策の必要性が明ら...

icon

マカフィーは、Windows 8においてユーザのセキュリティリスクが高まる可能性があるとブログで指摘している。

icon

米McAfee社とパシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL)は共同で、レポート「エネルギー分野産業用制御システムにおける、機能と適用性の技術セキュリティ評価」を発表した。

icon
インテルと共同開発したハードウェア支援型セキュリティ製品の発売を開始(マカフィー)

 マカフィーは25日、次世代エンドポイントセキュリティ製品「McAfee Deep Defender」および「McAfee ePO Deep Command」の日本国内での正式発売を発表した。8月1日より販売を開始する。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト