「名探偵コナン」「ダンボール戦機」、Shareでの著作権侵害摘発が相次ぐ(ACCS)

2012年8月1日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は7月30日、「Share」を通じた著作権侵害が相次ぎ摘発されていると発表した。ひとつは、鳥取県警生活環境課と倉吉署が7月25日、「Share」を通じて漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、東京都板橋区の会社員男性(46歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕し、26日に鳥取地検へ送致した。男性は、2012年5月8日頃、株式会社小学館が発行する少年サンデーコミックス「名探偵コナン74巻」の画像ファイルを「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。

もうひとつは、福岡県警サイバー犯罪対策課と中央署が7月26日、「Share」を通じてPSP用ゲームソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、東京都足立区の会社員男性(41歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕し、27日に福岡地検へ送致した。男性は、2012年1月26日頃、株式会社レベルファイブが著作権を有するPSP用ゲームソフト「ダンボール戦機 BOOST」を、また2012年2月17日頃には株式会社バンダイナムコゲームスが著作権を有するPSP用ゲームソフト「機動戦士ガンダム 木馬の軌跡」を「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

ACCSによると、石川県警サイバー犯罪対策室と金沢西署は、「Share」を通じてアニメーション作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた会社員男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon

ACCSによると、宮城県警生活環境課サイバー犯罪対策室と泉署は、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを販売していた千葉県松戸市の団体職員男性(50歳)を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon

ACCSによると山口県警生活環境課と長府署は、主に携帯電話からアクセスするオークションサイトの利用者に対して、権利者に無断で複製された外国語会話教材を販売していた大阪市の会社員男性A(40歳)、無職男性B...

icon

ACCSによると、島根県警生活環境課と安来署は「Share」を通じて漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、島根県安来市の会社員男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon

ACCSによると愛知県豊橋署および豊川署は、インターネットオークションを悪用し権利者に無断で複製したカーナビソフトを販売していた岐阜県美濃加茂市の無職男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト