「BIND 9.9.x」にDoS攻撃を受ける脆弱性、パッチの適用など呼びかけ(JPRS)

2012年7月26日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は7月25日、「BIND 9.9.xの大量のTCP問い合わせ受信時におけるメモリリーク発生について」を発表した。これは、BIND 9.9.xで大量のTCP問い合わせ受信時においてメモリリークが発生する不具合により、namedに対する外部からのサービス不能(DoS)攻撃が可能となることが、開発元のISCから発表されたというもの。本脆弱性により、提供者が意図しないサービスの停止や、メモリの不足によるサーバの障害などが発生する可能性がある。

BIND 9.9.0~9.9.1-P1は実装上の不具合により、大量の問い合わせを受信した際にメモリリークが発生する(CVE-2012-3868)。これにより、OOM Killerあるいはそれに相当する機能を利用することで、外部からnamedを異常終了させることが可能になる場合がある。また、メモリの不足により当該サーバの動作が不安定になる可能性がある。本脆弱性は、キャッシュ・権威DNSサーバの双方が対象となり、DNSSEC検証機能を無効にしている場合も対象となる。ISCでは「BIND 9.9.1-P2」をリリースしており、JPRSではアップグレードまたはディストリビューションベンダからリリースされるパッチの適用を呼びかけている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

JPRSは、緊急情報として「NSD 3.xの脆弱性を利用したサービス不能(DoS)攻撃について」を発表した。

icon

JPRSは、「権威・キャッシュDNSサーバの兼用によるDNSポイズニングの危険性について」を発表した。特定の環境で、DNSポイズニング(毒入れ)やドメイン名の引っ越しが妨げられる危険性があるという。

icon

JPRSは、「サービス運用上の問題に起因するドメイン名ハイジャックの危険性について」を発表した。

icon

JPRSは「ghost domain names(幽霊ドメイン名)」の脆弱性に関する文書を発表した。この脆弱性は、研究発表会「NDSS Symposium 2012」において発表された論文で指摘されたもの。

icon

JPRSは、「BIND 9.x」のキャッシュDNSサーバ機能の実装上の問題によるnamedのサービス停止について注意喚起を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト