2016.07.27(水)

スマートフォンの紛失問題の調査結果を発表、1年間で142,706台が紛失(マカフィー、Ponemon Institute社)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 マカフィーとPonemon Institute社は17日、「The Lost Smartphone Problem(スマートフォンの紛失問題:英語)」と題する調査結果を発表した。従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難件数と、その影響をあきらかにすることを目的とした調査となっている。

 それによると、調査対象となった439社のなかで、スマートフォンの紛失数は1年間で142,706台という莫大な数に上ることが明らかとなっている。そのうち約62%は、従業員に業務用として支給している会社所有のスマートフォンだった(残り38%は、個人が業務用として所有しているもの)。なお紛失した142,706台のスマートフォンのうち、回収されたのはわずか7%である9,298件だった。

 従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難率は、毎年平均で4.3%。また紛失場所について、13%が職場、29%が移動中、47%が自宅やホテルの部屋など職場から離れて仕事をしている間に紛失していた。残り11%は、紛失場所について不明確だった。

 紛失したスマートフォンの60%に関しては、機密情報が保存されているという認識があるにもかかわらず、57%が利用可能なセキュリティ機能を使用していないことから、結果として端末が保護されていなかった。業界別で、スマートフォンの紛失率がもっとも高いのは、医療・医薬品、教育・研究、公共事業の各組織だった。

従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難、1年間で14万台以上にも……マカフィー調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  2. データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

    データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

  3. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

    Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  4. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  5. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  6. 組織の担当者だけでなく一般ユーザにも役立つ「情報セキュリティ白書2016」(IPA)

  7. 複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

  8. クラウドソリューション導入の阻害要因は「データセキュリティ」(トレンドマイクロ)

  9. 重視する対策の1位に「従業員のセキュリティ教育」、事故を教訓に認識広がる(NRIセキュア)

  10. 標的型攻撃に対する経営リスクの認知、マイナンバー対応が地道に進む(JIPDEC、ITR)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×