スマートフォンの紛失問題の調査結果を発表、1年間で142,706台が紛失(マカフィー、Ponemon Institute社)

2012年7月18日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難、1年間で14万台以上にも……マカフィー調べ

スマートフォンの紛失・盗難率(1年平均)の画像
スマートフォンの紛失・盗難率(1年平均)
調査結果抜粋の画像
調査結果抜粋
業界別のスマートフォンの紛失・盗難率の画像
業界別のスマートフォンの紛失・盗難率
紛失/盗難の別、回収率の画像
紛失/盗難の別、回収率
「The Lost Smartphone Problem」表紙の画像
「The Lost Smartphone Problem」表紙
 マカフィーとPonemon Institute社は17日、「The Lost Smartphone Problem(スマートフォンの紛失問題:英語)」と題する調査結果を発表した。従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難件数と、その影響をあきらかにすることを目的とした調査となっている。

 それによると、調査対象となった439社のなかで、スマートフォンの紛失数は1年間で142,706台という莫大な数に上ることが明らかとなっている。そのうち約62%は、従業員に業務用として支給している会社所有のスマートフォンだった(残り38%は、個人が業務用として所有しているもの)。なお紛失した142,706台のスマートフォンのうち、回収されたのはわずか7%である9,298件だった。

 従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難率は、毎年平均で4.3%。また紛失場所について、13%が職場、29%が移動中、47%が自宅やホテルの部屋など職場から離れて仕事をしている間に紛失していた。残り11%は、紛失場所について不明確だった。

 紛失したスマートフォンの60%に関しては、機密情報が保存されているという認識があるにもかかわらず、57%が利用可能なセキュリティ機能を使用していないことから、結果として端末が保護されていなかった。業界別で、スマートフォンの紛失率がもっとも高いのは、医療・医薬品、教育・研究、公共事業の各組織だった。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon

機器のジャミングとスプーフィングは間違いなく、すぐに利用することができ、GPS信号は非常に弱い(よってノイズもしくはスプーフ信号により容易にかき消される)。

icon
スマートフォンのパスワード、設定していないユーザーは40.8%(MMD研究所)

 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は29日、「スマートフォンのパスワードロック設定および、紛失・故障サービスの利用実態調査」の結果を公表した。調査期間は6月15日〜16日(2日間)で、20歳〜...

icon
スマートフォン紛失時のデータ消失を回避(米Dropbox)

 米Dropboxは23日(現地時間)、AndroidとiOS向けのアプリをアップデートしたと発表した。撮影した写真を自動的にバックアップする「カメラアップロード」機能を新たに搭載している。

icon
「スマートフォン所有者のセキュリティ対策に関する実態調査」の結果を公表、43.3%のユーザーがウイルス対策を実施(MMD研究所)

 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は25日、「スマートフォン所有者のセキュリティ対策に関する実態調査」の結果を公表した。調査期間は6月15日〜6月16日(2日間)で、20歳〜59歳のスマートフォ...

icon
スマートフォンユーザーの実態調査を発表、73%がセキュリティの不安(米ニールセン)

 調査会社の米ニールセンは16日、米国のスマートフォンユーザーの実態調査の結果を発表した。全携帯電話のスマートフォンの割合は過半数を超えており、1人平均41本のアプリをインストールしているという。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト