妊娠・出産・育児情報サイトで不正アクセス、会員情報が閲覧可能な状態に(コンビ)

2012年7月9日(月) 16時42分
このエントリーをはてなブックマークに追加
コンビ株式会社は7月1日、同社が運営する「コンビタウン」に対する不正アクセスにより、利用者の情報を一時的に不正アクセス者が閲覧可能な状態になっていたことが判明したと発表した。これは6月29日21時15分頃に発生を確認したもので、ログ解析を行った結果、海外(中国・韓国・一部日本のIPアドレス経由)からの不正アクセスがあった。

閲覧された可能性のある情報は14,400件で、コンビタウンに登録している会員の登録情報の一部(メールアドレス、コンビタウン用のパスワードおよびID)。なお、モバイル版コンビタウン会員、コンビショップのみの登録会員、コンビミニおよびナナローブの登録会員については、今回の対象にはなっていない。同社では本件に対し、直ちにコンビタウンおよびコンビホームページを一時閉鎖、外部からのアクセスを遮断し、事態の正確な把握を行うとともに、さらなるセキュリティ対策を実施したという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

警察官情報を不正に取得した調査会社が4年間で約8億5千万円の収入を得ていたと、複数のメディアが報じている。携帯電話各社の個人情報の入手料金も明らかになっている。

icon

損害保険ジャパンは、同社業務本部ビルにおいて積立型保険契約の満期返戻金、解約返戻金に関するデータを保存したCD-ROMが紛失したことを確認したと発表した。

icon

リンクステーションは、同社への不正アクセスに関する最新状況について発表した。これは2011年10月、同社のGettiiシステムに対して不正アクセスが行われたというもの。

icon

東京ガスおよび東京ガスリースは、ガス機器のリースサービス「バリューリース」の顧客情報を記載した契約書を紛失したと発表した。

icon

大進本店は、同社が運営する「お中元、お歳暮専用インターネットサイト」において、不正アクセスによる顧客情報流出の疑いがあると発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト