権威・キャッシュDNSサーバの兼用による危険性について注意喚起を発表(JPRS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2016.12.08(木)

権威・キャッシュDNSサーバの兼用による危険性について注意喚起を発表(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は7月4日、「権威・キャッシュDNSサーバの兼用によるDNSポイズニングの危険性について」を発表した。これは、レンタルサーバサービスやDNSアウトソーシングサービスなどにおいて、事業者が顧客のドメイン名(ゾーン)を収容するための権威DNSサーバと、顧客のPCやサーバに名前検索サービスを提供するキャッシュDNSサーバを同一のサーバで兼用している場合、いわゆるDNSポイズニング(毒入れ)や、ドメイン名の引っ越しが妨げられる危険性があるというもの。

特に、事業者が提供するサービスやシステムにおいて顧客が作成するゾーンの内容のチェックや制限が不十分であった場合、任意の名前に対するDNSポイズニングの恐れがあるため、極めて危険な状態となる。DNSポイズニングが成立した場合は、アクセスの誘導やフィッシング、クッキーの改変、メールの盗難、SPFレコードの偽装による成りすましメールの発信などに悪用される危険性がある。また、ドメイン名の引っ越しが妨げられることで、当該ドメイン名の運用に悪影響を及ぼす危険性がある。JPRSでは、同サービスが6月22日に公開したドメイン名ハイジャックの危険性への対策に加え、当該権威DNSサーバとキャッシュDNSサーバの分離が必要としている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 最大623GbpsのDDoS攻撃を記録、手法はIoTボットネット(アカマイ)

    最大623GbpsのDDoS攻撃を記録、手法はIoTボットネット(アカマイ)

  2. リフレクター攻撃の踏み台となる機器の探索行為が増加、LDAPサーバは注意(警察庁)

    リフレクター攻撃の踏み台となる機器の探索行為が増加、LDAPサーバは注意(警察庁)

  3. マルウェア「Mirai」などに感染したIoTボットネットによるDDoS攻撃に注意(JVN)

    マルウェア「Mirai」などに感染したIoTボットネットによるDDoS攻撃に注意(JVN)

  4. Linux カーネルにおいて競合状態制御の不備により権限を昇格されてしまう脆弱性 (Dirty Cow) (Scan Tech Report)

  5. Webサイトの改ざん報告が増加、さらなる攻撃のための前調査の可能性も(JPCERT/CC)

  6. Amazonを騙るフィッシングメールを確認、違和感のある日本語本文(フィッシング対策協議会)

  7. 「ntpd」にDoS攻撃を受けるなど複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  8. ログイン“試行”なのにパスワード変更を要求、「NEXON」フィッシング(フィッシング対策協議会)

  9. 国内のオープンリゾルバ等を使ったDNS水責め攻撃が再開--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  10. 「Apache HTTP Web Server」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

全カテゴリランキング

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×