携帯顧客情報auは10万円弱、ドコモは7万円弱、警察官情報の不正取得で(愛知県警)

2012年7月4日(水) 16時09分
このエントリーをはてなブックマークに追加
7月3日、警察官情報を不正に取得した調査会社が4年間で約8億5千万円の収入を得ていたと、複数のメディアが報じている。この事件は、指定暴力団山口組弘道会の捜査を担当する愛知県警幹部の個人情報が、不正に取得されたというもの。不正競争防止法違反容疑で逮捕された探偵業の平田一雄容疑者(36歳)は、同容疑で逮捕されているソフトバンクモバイル代理店元店長の横田太佑容疑者(33歳)、および広島県内の別の代理店で店長をしていた女性からも個人情報を入手していたことが明らかになっている。

捜査関係者によると、平田容疑者に情報入手を依頼した愛知県の調査会社側の口座に、昨年秋までの4年間で約8億5千万円の入金があったという。同調査会社の宣伝チラシには、携帯電話各社の顧客情報入手料金として顧客1件あたりの最高額はソフトバンクモバイルで23,000円、NTTドコモで67,000円、auで98,000円と明示されていた。この料金の違いは、各社の情報の「入手難度」が反映されていたのではないかと県警ではみている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

神奈川県横須賀市は、同市の保健所健康づくり課健診センターにおいて、市民健診受診者および臨時職員の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失した。

icon

複数のメディアの発表によると、茨城県つくば市は、同市のホームページに個人情報を誤って掲載していたことが判明した。

icon

ハローワーク横浜の職員が、雇用保険被保険者の個人情報を外部に流出させたことが明らかになったと複数のメディアが伝えている。。

icon

三菱長崎病院は、同院を退職した医師が患者の個人情報が記録されたUSBフラッシュメモリを紛失したことが判明したと発表した。

icon

テレビ東京ダイレクトは、同社が運営する通信販売サイト「てれとマート」のPCおよびモバイル購入画面において、一部の登録会員の個人情報が表示される状態になっていたことが判明したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト