妊婦306名の個人情報を市のホームページに誤って掲載(茨城県つくば市)

2012年6月25日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
複数のメディアの発表によると、茨城県つくば市は6月21日、同市のホームページに個人情報を誤って掲載していたことが判明した。これは、同ホームページの妊婦検診の申請書に、検診を受診した妊婦306名の個人情報が掲載されていたというもの。誤掲載されたのは、2011年度に県外で妊婦検診を受けた市民の氏名と医療機関、その医療機関と市との契約状況。同市によると、2012年3月に同ページを更新した際に誤って添付してしまったという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

リンクステーションは、同社への不正アクセスに関する最新状況について発表した。これは2011年10月、同社のGettiiシステムに対して不正アクセスが行われたというもの。

icon

東京ガスおよび東京ガスリースは、ガス機器のリースサービス「バリューリース」の顧客情報を記載した契約書を紛失したと発表した。

icon

大進本店は、同社が運営する「お中元、お歳暮専用インターネットサイト」において、不正アクセスによる顧客情報流出の疑いがあると発表した。

icon

アフラックは、同社社員が顧客情報を記録したファイルを誤ったメールアドレスに送信していたことが判明したと発表した。

icon

ヤマハ発動機は、国内販売子会社であるヤマハ発動機販売が管理する顧客情報の一部が外部に漏えいしていたことが判明したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト