約40万件の顧客情報を記録したCD-ROMの紛失が判明(損害保険ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.02.25(土)

約40万件の顧客情報を記録したCD-ROMの紛失が判明(損害保険ジャパン)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社損害保険ジャパンは6月21日、東京都西東京市の同社業務本部ビルにおいて、積立型保険契約の満期返戻金、解約返戻金に関するデータを保存したCD-ROMが紛失したことを確認したと発表した。紛失が確認されたCD-ROMは正副2枚で、合計406,632件(満期返戻金データ261,580件、解約返戻金データ145,052件)のデータが記録されていた。

記載されていた顧客情報は、契約者名(カナ)、請求者名(カナ)、証券番号、満期日、口座情報、満期返戻金の額、解約返戻金の額、支払日などとしている。対象となる契約は、積立型保険で2009年9月から2011年2月に同社が満期返戻金を支払った契約、および同保険で2005年4月から2008年3月に解約返戻金を同社が支払った契約となっている。現在のところ顧客情報が不正に使用された事実は確認されておらず、同社ではフリーダイヤルの問合せ窓口を開設している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 個人情報漏えい事故、3つの技術的な問題と2つの管理体制の問題が明らかに(イプサ)

    個人情報漏えい事故、3つの技術的な問題と2つの管理体制の問題が明らかに(イプサ)

  2. 1917名の患者の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失 (北里大学東病院)

    1917名の患者の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失 (北里大学東病院)

  3. 「MakeShop」元従業員、店舗側顧客情報や営業関連データ持ち出し(GMOメイクショップ)

    「MakeShop」元従業員、店舗側顧客情報や営業関連データ持ち出し(GMOメイクショップ)

  4. 表計算ソフト誤操作で寄付者とは異なるマイナンバーを記載した通知書を送付 (湖西市)

  5. 「Adobe Acrobat」などの海賊版をショッピングサイトで販売、1億円以上売上(ACCS)

  6. 約30名の人事異動案を誤って全職員に一斉送信(文部科学省)

  7. コマンドインジェクション脆弱性を悪用した不正アクセス攻撃により約35万件の個人情報が流出の可能性(エイベックス)

  8. 資生堂子会社のネットショップに不正アクセス、カード情報など漏えい(イプサ)

  9. ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

  10. Webサーバーに不正アクセス、リスナーの個人情報約64万件が流出の可能性(J-WAVE)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×