ドメイン名ハイジャックの危険性について注意喚起を発表(JPRS)

2012年6月25日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は6月22日、「サービス運用上の問題に起因するドメイン名ハイジャックの危険性について」を発表した。これは、レンタルサーバサービスやクラウドサービス、DNSアウトソーシングサービスなどにおいて事業者がDNSサービスを提供する際、複数の利用者のドメイン名(ゾーン)を同一の権威DNSサーバに共存させる形で運用する場合の問題。

このような形でDNSサービスを運用し、また各サービスの利用者自身によるゾーンの新規作成を許可している場合、DNSサービスにおける運用上の問題により、各サービスにおいて運用中のドメイン名が、悪意を持つ第三者によってハイジャックされる危険性がある。ドメイン名ハイジャックが成立した場合、不正なサーバへのアクセスの誘導、フィッシング、クッキーの改変、メールの盗難、SPFレコードの偽装による成りすましメールの発信などに悪用される危険性がある。JPRSでは、権威DNSサーバを別サーバ(別IPアドレス)とすることなどでこの問題に対応できるとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

JPRSは「ghost domain names(幽霊ドメイン名)」の脆弱性に関する文書を発表した。この脆弱性は、研究発表会「NDSS Symposium 2012」において発表された論文で指摘されたもの。

icon

JPRSは、「BIND 9.x」のキャッシュDNSサーバ機能の実装上の問題によるnamedのサービス停止について注意喚起を発表した。

icon

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は8月11日、Windows DNSサーバの脆弱性を利用した攻撃について緊急情報を発表した。Windows Server 2003、2008、2008 R2のWindows DNSサーバでは、NAPTRレコードの取り扱...

icon

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は5月27日、「BIND 9.x」のネガティブキャッシュ機能の実装上のバグによるnamedのサービス停止についての緊急情報を発表した。これは、BIND 9.xのネガティブキャッシュの...

icon

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は3月17日、Windows Vista/7におけるISATAPルータ自動発見方式の脆弱性についての文書を発表した。本文書では、IPv6普及促進のための技術のひとつである「ISATAP(Intra-S...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト