2016.07.25(月)

Androidマルウェアのトップ5を発表、情報漏えいや課金などの悪質なものも(ソフォス)

脆弱性と脅威 脅威動向

ソフォス株式会社は6月18日、無償アプリで検出されたAndroidマルウェアのトップ5を発表した。なお、本ニュースは同社の英本社による「Naked Security」サイトに掲載された記事を翻訳したもの。同社のAndroid向け無償ウイルス対策アプリ「Sophos Mobile Security for Android」で検出された、Android携帯やタブレットを標的としたマルウェアの状況は以下の通り。

1位:Andr/PJApps-C(63.4%)
2位:Andr/BBridge-A(8.8%)
3位:Andr/Generic-S(6.1%)
4位:Andr/BatteryD-A(4.0%)
5位:Andr/DrSheep-A(2.6%)

特に2位となった「Andr/BBridge-A」は、アクセス権のないユーザにアクセス権を与え、Androidデバイスに悪意あるアプリをインストールする。HTTPを使用して、リモートサーバを経由しID情報などを盗み出して送信する。SMSメッセージの送信や盗聴も可能なため、モバイルデバイスの所有者に課金をされてしまう可能性がある。実際に、有料サービスの契約確認画面が表示されず、知らないうちに課金されてしまうケースもあるという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

    位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  3. 「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  4. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  5. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  6. CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

  7. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  8. Javaに複数の脆弱性、早急な修正プログラムの適用を呼びかけ(IPA)

  9. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  10. GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×