Androidマルウェアのトップ5を発表、情報漏えいや課金などの悪質なものも(ソフォス)

2012年6月18日(月) 16時54分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフォス株式会社は6月18日、無償アプリで検出されたAndroidマルウェアのトップ5を発表した。なお、本ニュースは同社の英本社による「Naked Security」サイトに掲載された記事を翻訳したもの。同社のAndroid向け無償ウイルス対策アプリ「Sophos Mobile Security for Android」で検出された、Android携帯やタブレットを標的としたマルウェアの状況は以下の通り。

1位:Andr/PJApps-C(63.4%)
2位:Andr/BBridge-A(8.8%)
3位:Andr/Generic-S(6.1%)
4位:Andr/BatteryD-A(4.0%)
5位:Andr/DrSheep-A(2.6%)

特に2位となった「Andr/BBridge-A」は、アクセス権のないユーザにアクセス権を与え、Androidデバイスに悪意あるアプリをインストールする。HTTPを使用して、リモートサーバを経由しID情報などを盗み出して送信する。SMSメッセージの送信や盗聴も可能なため、モバイルデバイスの所有者に課金をされてしまう可能性がある。実際に、有料サービスの契約確認画面が表示されず、知らないうちに課金されてしまうケースもあるという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

ソフォスは、Android向けの無償ウイルス対策アプリケーション「Sophos Mobile Security for Android(ベータ版)」について更新情報を発表した。

icon

ソフォスは、Macのマルウェアに関する独自調査の結果を発表した。本調査は、同社が無料提供しているウイルス対策ソフトウェアをインストールしている10万台のMacコンピュータの7日間分のスナップショットを分析し...

icon

ソフォスは、2012年1月から3月のスパム送信国ワースト12に関する最新のレポートを発表した。レポートによると、この一年でインドが9.3%で米国を抜き、世界最大のスパム送信国となった。

icon

ソフォスは、データ保護ソリューションの最新版「SafeGuard Enterprise 6.0」を発表した。業界では初の、クラウドデータの暗号化機能を企業向けに提供する製品となる。

icon

ソフォスは、本社「Naked Security」の翻訳版として、iOS向けカメラアプリ「Camera+」を装った不正なアプリケーションがiPhone App Storeに混入したことを紹介している。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト