2016.06.30(木)

政府機関の約97%がSPFを導入、なりすましメール対策を強化(NISC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は4月19日、政府機関等をかたる「なりすましメール」対策について発表した。これは、4月18日に開催された「第5回情報セキュリティ対策推進会議(CISO等連絡会議)」で、大半の政府ドメイン(xxx.go.jp)において送信側における送信ドメイン認証技術SPF(Sender Policy Framework)の導入が完了したことが報告されたというもの。3月末時点の導入率はサードレベルドメインで約97%。

これにより、メールの受信側のメールサーバがSPFを確認する設定になっていれば、政府機関職員のメールアドレスを詐称するなりすましメールのほとんどを検知することができることから、官民を問わずメールサーバの運用者およびメール利用者においては、適切な対策の実施を推奨している。NISCでは今後も、引き続き政府機関等をかたる「なりすましメール」対策を推進し、情報セキュリティの向上に努めていくとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. 宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

    宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

  3. 「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

    「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

  4. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  5. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  6. クラウド型Webフィルタリングサービスの新版、運用負荷軽減など機能強化(ALSI)

  7. スマートフォンセキュリティ 脅威の増加と利用時の留意事項 他(ダイジェストニュース)

  8. パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

  9. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×