2016.07.30(土)

世界で十数万台が感染しているという「DNS Changer」に注意喚起を発表(カスペルスキー)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社カスペルスキーは4月4日、DNS設定を書き換えるコンピュータウイルス「DNS Changer」について注意喚起を発表した。DNS Changer(TDSS)は、世界中で数十万台の感染PCが動いているといわれ、現在も感染が拡大している。本ウイルスに感染すると、DNSの問い合わせ先が不正に構築されたDNSのサーバに変更されてしまう。これにより、正規のサイトへ接続をしようとしてもまったく異なるサーバに誘導されてしまう。

現在はこの不正なDNSサービスは米国の連邦捜査局(FBI)により取り除かれ、代わりに正常に動くDNSサーバが設置されているため、大きな混乱は発生していない。しかし、このDNSサーバは7月以降もサービスを提供するとは言い切れないという。カスペルスキーでは、本ウイルスの感染を発見・駆除をするツールを開発し、無償で提供している。7月以降も正しくネットワークを活用できるよう、すべてのPCユーザにDNS Changerの感染確認を行うよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

    「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

  3. GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性

    GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性

  4. CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

  5. 大手ショッピングサイトの人気商品を盗用掲載する詐欺サイトが増加(BBソフトサービス)

  6. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  7. Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  8. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  9. 「OWASP Top 10 for 2013」の日本語版を公開(OWASP)

  10. アップルが「iOS」や「OS X」などのセキュリティアップデートを公開(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×